Main Story

Editor's Picks

Trending Story

中国は、春節の為に、‘イスラム教徒に豚肉とアルコール飲料の飲食を強制した

新疆の政府官僚がローンチした‘アンチハラール’キャンペーンが非難された 情報源:https://www.independent.co.uk/news/world/asia/china-muslims-xinjiang-pork-alcohol-lunar-new-year-spring-festival-uighur-islam-a8767561.html?fbclid=IwAR1UfiXadNToCaGjYXKJL5wadtMwGHaoXHD4DOmfaAH1pfuhuyHWTAlBREI   中国ダヴァンチン(達坂城)にある‘専門スキル教育施設’( ロイターズ ) 中国政権が春節中に、イスラム教への取締りの一環として、新疆地域のイスラム教徒に豚肉とアルコール飲料の飲食を強制したと伝えられた。  ラジオフリーアジア (RFA)の報道によると、イリカザフ自治州の住民が春節を祝うイベント等に招待され、参加しない場合は再教育施設に送られると脅迫されたという。 “新疆にいるカザフ人は絶対に(豚肉を食べたり)しない。昨年から、漢民族の祭りである春節を祝う為に、豚肉を食べるよう一部の人が強制された。”と、米国政府運営のRFAがウェブサイトで匿名住民の言葉を引用している。 豚肉を食べることは、イスラム教で禁止されている。 政府官僚がイスラム教信者の家庭に豚肉を届け、漢民族の春節用装飾を住居外部に飾るよう強制したともRFAがレポートしている。 その前にも、クリスチャンNGOであるChinaAidの2018年2月に発表したレポートでは、新疆のイスラム教徒が春節のお祝い宴会に参加するよう強制され、イスラム教徒が普段食べない料理や材料が不明確な料理を食べるよう強制されたとしていた。 他にも、昨年10月に、新疆の区都、ウルムチ市の政府が反ハラール製品運動を始めたと報道されていた。 中国 は、イスラム教徒の多い新疆(自治区であり、ウイグル人とカザフ人とのホームである)において、反過激主義・反分離主義と謳っている運動に取り組んでいる。 人権団体と外国政府は、中国政府が100万以上の人を所謂再教育キャンプに収監し、強制的に共産党のプロパガンダを唱えさせたり、信仰を否定させたりなど、同自治区内のイスラム教を体系的に取り締まっているとして、北京を避難した。

米上院は「ウイグル人権政策法案」を再提出

ニュース源:https://www.voachinese.com/a/us-congress-uyghur-bill-20190118/4748703.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter 日本語翻訳:《ウイグルタイムズ》ボランティアーKurash 編集者:Boran 公開日時:2019月年02月14日 木曜日(1月17日)に米国国会議員は新たに一つの法案を再提出した。この法案は中国が多数のイスラム教徒の少数派を再教育収容所に入れることに対して制裁措置を取ることを可能にするかもしれない。 「ウイグル人権政策法案」は米国上院議員のルビオとメネンデスによって共同で立ち上げられた。この法案に従って、米国国務省、連邦捜査局およびその他の諜報機関は新しい職位を設定し、中国の継続的な再教育プログラムに関連する問題を研究する予定である。この動きはワシントンの北京に対する継続的な圧力だと考えられている。情報によると、100万人以上の人は中国当局によって政治洗脳センターに入れられ、その大部分はムスリムのウイグル人である。 上院議員が再提出した新法案の一環として、米国連邦捜査局はまた米国に住んでいるウイグル人が過去2年間にわたって中国の国家安全保障局から脅迫されたか、政治的な洗脳のために中国に送還されたかどうかを調査する。 この法案はまたグローバルMagnitsky法を基に、再教育プロジェクトに関与する中国当局者に財政的制裁および旅行制裁を実施することを再検討する。 メネンデスは 「この法律は、我々が現在、中国との戦略的競争の新たな時代にあることを認めている」と語った。 「私はこの重要な努力を始めることに手伝えてとても嬉しいです。そして私たちが私たちの価値観を放棄しないです。100万人のイスラム教徒が中国の独裁政権によって不当に拘禁され、強制収容所に入れられた時に、私たちは見ていない振れにはしないです。」 米国上院は昨年11月に同様の法案を提出したが、前回の国会期間中の議論には間に合わなかった。

世界で最も幸せなイスラム教徒たち」が彼らの幸福とどう向き合っているのか

Gene A. Bunin July 27, 2018 前書き:この記事の主旨は、1年半以上に渡り著者が考察した、中国本土(中国内地)と中国の新疆ウイグル自治区に住むウイグル人の声、考え、素行を国際社会に伝えることです。登場人物を守るため、彼等が特定されてしまう恐れのある名前、場所、時間、又はそのような情報を意図的に隠し、変更しています。引用した個人の言葉は、記憶に残ったウイグル語の会話から抜き出したものであり、翻訳も加えたため、正確な引用とはなりません。しかし、本質的な内容を維持しており、読者に理解していただけることを願っています。 約1年前、中国内地にあるウイグルレストランをフードガイドにまとめる旅に出ていた。最初にカリム氏のレストランに入ったのもその為であった。この旅で、中国内地の50都市、200軒近くのレストランを取材しましたが、カリム氏が経営するレストランは特に印象的だった。最高に美味しいスパイシーなピラフだけでなく、1~2時間座っていても楽しいほど暖かい人間味があるコミュニティでもあった。カリム氏は素晴らしいホストであった。顧客としばしば交わす会話は時の重い話題に触れながらもユーモアなものであった。 カリム氏のレストランに何度か行ったが、一度、ウイグル人が漢民族の大都市で直面している差別が話題になったことがあった。そこにいた何人かの顧客があげた例は宿泊探しだった。内地のホテル側が空き部屋がないと主張し、ウイグル人訪問者の宿泊を頻繁に拒否していた。ウイグル警察官でさえ宿泊が拒否されたと誰かが笑い話にしていた。複数の言語が話せるカリム氏は、そのほりの深い顔立ちで中東から来た外国人のようだった。そんなカリム氏は、時々ホテルの受付スタッフに英語で話しかけていたそうだ。ホテルのスタッフは空き部屋があるといったものの、宿泊手続きを始めるなかで、彼の“ウイグル族”と印字された身分証明書を見たとたん、空き部屋がなくなり、満室だと言うのが常であった レストランで私の正面に座ったカリム氏は、中国内で差し迫った軽蔑と人種差別を受けている別のグループ、アフリカンコミュニティの存在も話してくれた。彼によると、中国の地下鉄で起きたある事件で黒鬼と呼ばわれた黒人は、漢民族の相手を殴り返したそうだ。これが国際メディアに報道され、その後の法律への改善につながり差別問題も改善されたと、カリム氏は言った。彼はその後、BBCのような海外メディアと連絡をとる良い方法はないかと私に尋ねた。そうすれば、中国内地にいるウイグル人にとっても同じ改善が得られるかもしれないと。しかし、中国政府に報復される可能性があり、外国のメディアと連絡を取ることが非常に危険と判断しあきらめた。 だが、すぐに明らかになったように、このような「マイルドな」差別は、ウイグル人が抱える問題の中で、取るにも足らずものとなった。カリム氏と私はこの会話をしていた2017年春に、彼の故郷である新疆(1000万人以上のウイグル人が住む)は、すでに中国政府が主張するテロリズムと宗教的過激主義への突然の「全面的な攻撃」の矢先に立たされていた。翌年には、全般的な弾圧が始まり、新疆ウイグル自治区全体が警察国家に変わった。ウイグル人の生活のあらゆる側面が監視され、潜在的に100万人のウイグル人が徐々に強制収容所に収監され、刑務所に投獄され,又は「消えていった」。収容所の存在や収容所内の生活についての証言として、不健康な生活環境だけでなく、規則的な暴力、拷問、洗脳についてもレポートされている。建設工事の入札やそれらに係わる求人情報は、新しい収容所が続々と建設されていることも示していた。中国政府もまた、新疆以外の中国内地や海外に住むウイグル人を故郷に戻るように命令し、彼等を新疆に戻すため惜しまない努力と、その徹底振りを見せた。海外のウイグル人が命令に背かないように、彼等の親や親戚を拘禁したり、人質に捕っていた。 多くのウイグル人にとって2017年の春は、人権、暮らし, アイデンティティ,そして基本的な自由を失う、ウイグル民族が大きく損なわれる期間の始まりであった。カリム氏が後に命を失ったのと同じく、多くの命が失われることになった。 過去にイスラム教徒が多数を占める国々に合法的に訪問していた、或いは住んでいたウイグル人たちが特に危ないグループとされ、このグループに属していたカリム氏は(彼は3カ国に住んでいた)、ある日手錠をかけられ、連行され投獄された。カリム氏のレストランがある近所を最近再び訪れた時にそう聞かされ、その後のことばは、「彼が“長引いた重労働の後に死んだ”」というものだった。 少なくとも、それは出来事を政治的に適切な表現で伝えたのだった。読者の立場によって、彼が国家によって体系的に殺害されたと言った方が適切かもしれない。

米国学者:中国共産党はウイグル族の知識人を拘留し、民族の柱は閉じ込められている

ニュース源:RFA 日本語翻訳:《ウイグルタイムズ》ボランティアーKurash 編集者:Kukbore 白道仁(Darren Byler)は、米国シアトルのワシントン大学で人類学の講師を務めています。 ウイグル人を長期に研究した学者として、彼は現地調査のために17年間で何度も東トルキスタンを訪れ、2年以上その地域に住んでいました。 お正月の初日に、彼は2016年以来拘留されてきた100人以上のウイグル人知識人をリストアップした名簿をツイッターに投稿しました。彼はそれらの少なくても二三十人を知っています。本通信記者家傲は木曜日に白道仁にインタビューし、この名簿の裏にあるストーリーを理解できました。 記者:あなたはなぜこの名簿をツイッターに投稿した? 白道仁:実はこの名簿はしばらく前からインターネットで広まっており、これを作ったのは私の2人の友人で、一人はワシントンDCに住んでいるウイグルの詩人・映画製作者のTahir Hamutです。もう 一人は学者のRune Steenberg Reyheです。 彼らは昨年11月にリストを作成し、ヨーロッパの当局者とそれを共有することを計画していました。そのようなことが起こっていることを皆に知らせたいので、私はこの名簿を公開することにしました。私は名簿の多くの人を知っています。 記者:あなたはこの人たちとどのような関係がありましたか?

Ilham tohti (イリハム トフティ) 教授の投獄5周年を迎えた

原本:http://weiwuer.com/?p=987 日本語翻訳:《ウイグルタイムズ》ボランティアー Ilik 編集者:Kuk bure 今日はウイグル人の有名な学者であり、ウイグルのフリーダムファイターのIlham tohti教授は中国共産党によって投獄5周年を迎えた。ウイグルの公民権運動の主力人物の一人として知られるイリハム教授は、中華人民共和国憲法の範囲内で平和且つ合理的な方法で本民族(ウイグル人)の基本的権利を実現するために頑張って来た。彼はウイグル人の英雄だけでなく、更に世界中で平和、合理的で非暴力市民権運動の模範でもある。 イルハム教授は授業中に科学と真実を教えているとともに、イルハム教授はペンを使って、中国の各民族また世界に公正な民主主義を追求する民族の決意を示した。イルハム教授は優秀な教師だけでなく、家庭では優しい父親である。 彼はまた、社会に人性と友愛を無私の伝わる明るい光である。勇気と大胆不屈な精神は、イリハム教授に体現されたウイグル族共有の優れた品質である。真理を求める者として、公正さと正義を叫ぶ時代の先駆者であると信じて来たため、中国共産党の様々な誘惑または、生命に対する脅威さえもイルハム教授を後退させることはなかった。5年前の今日、邪悪な中国政府は無罪のイリハム教授を「国家分裂罪」で終身刑を宣告された。 共産党の統治下の暗い社会の中、イルハム教授は自分の自由を犠牲にし、弾圧されている数千万のウイグル人の自由に叫ぶ民族英雄である。 今日、「ウイグルタイムズ」はすべてのウイグル人の代表として、私達の最も熱心の願いを私達の兄弟、指導者そして民族英雄であるイリハム・トフティ教授に送る。彼の健康とできるだけ早く自由を取り戻すために祈る。イリハム教授の精神は、何千万のウイグル人による自由と正義の追求を表しているだけでなく、民主主義と平和を愛し、公正と正義を支持する世界中の人々の最も高尚な理想を体現した!イリハム教授がいつかノーベル平和賞を受賞することを願っている。これは彼の自由と民主主義のための戦いの精神への最も賛辞となるでしょう。 中国共産党の暗い統治下の東トルキスタンでは、数百から数千名のウイグル、カザフ族の学者はイルハム教授と同じく憲法上の権利を主張したため、投獄され、あるいは「再教育強制収容所」に入れられた。 私達はイルハム教授の運命に注意を払うよう世界に呼びかけながら、世界中の良心のある人々に、東トルキスタンで行方不明になっているウイグル族学者の現状に注意を払うように依頼する。国際社会に、ウイグル人の学者を含む300万人の無罪のウイグル人を無条件で釈放するように要請する! イルハム教授の大胆不敵な献身は、「ウイグルタイムズ」のすべてのメンバーとボランティアにつながれた。 今日、「ウイグルタイムズ」はイルハム教授のために声を上げ、世界中の読者に約束する:私たちは自由と正義を追求するイルハム教授の概念を進めて、ウイグル人の解放のため頑張る。

ウイグルの有名な学者は逮捕され、今まで連絡がなし

ニュース源:ジオ・フリー・アジア・中国語部 https://www.rfa.org/mandarin/yataibaodao/shaoshuminzu/nu-01042019102226.html 日本語翻訳:《ウイグルタイムズ》ボランティアー: Ilik      編集:Boran ウイグル人の著名なアラビア語教科書の専門家で、新疆 (東トルキスタン) カシュガル大学で長年教えてきたMutalip Sidikh Qahiriは、昨年9月の逮捕以来、連絡がなかった。これは、中国当局政府が近年、新疆 (東トルキスタン)のウイグル人学者を逮捕してきたことを示す強力な証拠である。 ラジオ・フリー・アジア・ウイグル語部は昨年11月22日、68歳のカシュガル大学の学者兼准教授Mutari Sidick Kahriが、ウイグル語と文化、そしてアラビア語教育について書いた本のことで昨年9月に中国当局によって逮捕されたと報じた。

人気のウイグルコメディアンの姿が突然消え、彼も抑留されていると思われている

ニュース源:自由アジアラジオ 日本語翻訳:Sultan(ボランティア)    編集:Boran RFAにソーシャルメディアの匿名レポート情報源によると、中国ウイグル自治区のウルムチで住んでいるウイグル人の喜劇コメディアンが当局の許可を取らずイスラム教徒の聖地メッカへ旅行したということを理由として逮捕され、現在3年間の刑務所任期が務められていることが明らかになった。  最近、トルコで住んでいる出演者の娘はRFAのウイグル・サービスのインタビューで語った情報によると、最後にお父さんから話を聞いたとき、彼52歳で、最近心臓手術から回復し、病院を出たばかりだった。  彼の娘(Adila)が「彼が退院してからもう1ヶ月が経ち、私は彼との連絡を失いました」と言われた。また、彼の娘が「お父さんの健康状態を心配しています、私はお父さんに何が起こったのかについての答えを得るために私に連絡することができる誰もいないので、何かを見つけることができればいいのに」と語った。彼女の父が仕事から解雇された後に病院で70日以上過ごしたところから連絡がなくなった。  RFAのコメントによる、Adil Mijitの元雇用主であるXinjiang Opera Troupeは彼の所在や運命に関する「明確な情報の欠如」を挙げて、この訴訟についてのコメントを控えた。 Adil Mijitの失踪の理由が2年間前中国当局の許可を取らずイスラム教徒の聖地メッカに行った巡礼に関連していると考えられている。Adil Mijitの失踪から中国共産党がウイグル人のイスラム信仰と文化的アイデンティティの表現を日常的に制限し、罰することが明らかになった。  XUAR(新疆ウイグル自治区)のウイグル人の間で広く人気のあるAdil Mijitは、かつて毎年何百ものショーを上演していた方です。

豚肉の摂取を拒否、新疆 (東トルキスタン) カザフ族の学生は抑圧された

ニュース源:ラジオ・フリー・アジア 原本:https://www.rfa.org/mandarin/yataibaodao/shaoshuminzu/ql1-12172018092849.html 作者:Qiao Long 日本語翻訳:《ウイグルタイムズ》ボランティアー Bilge    編集者:Boran 公開日時:2019年01月29日 2018年12月10日、新疆 (東トルキスタン) のハバヘ (Habahe)郡とバルチン(Burqin) 郡のカザフの小、中学生たちは豚肉の摂取を拒否するために抗議したが、当局は彼らを解散させた。我々に明らかにした多くのイスラム人によると、学生はハンガーストライキを行ったが、警察に連れ去られた。さらに、12月16日、アルマトイの中国総領事館外のカザフスタンに住むカザフ人が、新疆 (東トルキスタン) 当局による親戚や友人の拘禁に対し抗議し、当局に直ちに解放するよう要求した。 新疆

なぜShohrat Zakirは東トルキスタンの「大収容所」で拘束されているウイグル人数について言及しないのか

原本:http://www.iuhrdf.org/ug/?p=8834 http://www.iuhrdf.org/content/why-didnt-shohrat-zakir-mention-numbers-uighurs-are-being-held-“large-internment-camp”-east 日本語翻訳:《ウイグルタイムズ》ボランティアーBoran 火曜日, 01/08/2019 – 12:54 – ラビア・カーディル:なぜShohrat Zakirは東トルキスタンの「大収容所」で拘束されているウイグル人数について言及しないのか。   事前に「飾った」3つの強制収容所を少数の海外記者や政府関係者に見せることで、中国政府は再び共産党の人道的犯罪を隠そうとしている。東トルキスタンで1200ヵ所以上の強制収容所があることが明らかになっているが、なぜ共産党は3つしか見せなかったのか。訪問者はなぜ行きたい収容所に行けないのか。なぜいわゆる「学生達」との自由会話は許可されなかったか。何故ならばいわゆる「職業訓練センター」は学校ではなく、強制収容所だから。「職業訓練」されているのではなく、文化的ジェノサイドが行われているからだ。「思想が解放」されているのではなく、民族浄化が行われているからだ。 強制収容所についてもっとも深刻な問題は収容所内の悪い生活状況、「学生」達に対し多種の拷問、脅威である。強制収に購入されていることが漏れた手錠や電気棒は誰に、どのように使われているのか。拘束されているお年寄り、女性及び子供達はどのような状況でいるのか。病気になった場合、治療を受けているのか。収容所で亡くなったウイグル人の遺体はどこにあるのか。遺体は家族に返還されたのか。伝統的な埋葬は許可されているのか。これらこそが検査の要点のはずだったが、残念ながら、これらの懸念について何も知ることができなかった。なぜなら、中の「学生」達ぎこちなく微笑んでいるのを感じることができるとしても、中国当局は「学校」を非常によく「飾った」からだ。   Shohrat Zakirは傀儡指導者であり、強制収容所の「学生」達の数を教えることはできなかった。なぜできないのか。傀儡指導者であるため、中国当局の指示に従うしかできず、同民族であるウイグル人族の中何人が強制収容所にいるのかを知る権利が無いからだ。数さえしらないのに、強制収容所について語る資格があるのか。答えは「彼も強制収容所の囚人のように自由がなく、中国当局の指示の通りしか報告できないため」である。