「家族はどこに」という抗議が全世界に拡大

作成:Ilik チェック:Yasin ウイグルタイムズJP; 令和3年2月23日投稿 2020年12月22日から始められたイスタンブール中国領事館前での「家族はどこに」という、収容所や刑務所に家族が拘留されている若者たちの抗議活動は、17日目となる2021年1月13日に、イスタンブール市政府が仲介することで、中国領事館が強制収容所の犠牲者に関連する申請の受け入れることになった。これにより、イスタンブール中国領事館前での抗議は一時的に停止になったが、2月2日に5000人以上の強制収容所の犠牲者に関する申請を中国領事館が受け付けないことから、抗議活動が再開した。トルコのイスタンブールだけではなく、トルコのアンカラ、カザフスタン、アメリカ、カナダ、オーストラリア、日本にも拡大している。 日本ウイグル協会は、中国が東トルキスタンでウイグル人ら地元住民に対して行っているジェノサイドと人道に対する罪の実態を日本社会に広く知らせるために、在日ウイグル人一同及び日本人支援者と、ウイグル問題を訴える長期街頭活動を実施している。これにはトルコで始まった「家族はどこに」という抗議活動を応援する気持ちも込められている。 日本のすぐ隣で進行中の、ナチスを超えるジェノサイドに抗議の声を上げ、一刻も早く阻止すべく具体的な行動を取るよう日本政府や国際社会に求める。 以下の活動場所や時間帯をご確認頂き、直接現場へお越しください。 ■新三郷駅(埼玉県三郷市) 2021/2/13~2021/2/23 毎日12:00~14:00 ■西船橋駅 北口(千葉県船橋市) 2021/2/24~2021/3/2 毎日12:00~14:00

ウイグルと中国に関する月刊ニュース _2月上半分

まとめ:Boran チェック:Yasin ウイグルタイムズJP; 令和3年2月20日投稿 2月上半は、英国BBCの調査により強制収容所でウイグル人女性が組織的にレイプされていると判明、中国政府が英BBCの放送を禁止、日本ウイグル議連が超党派に発展へ等、ウイグルと中国に関するニュースが日本メディアによっても多く報告された。詳細は以下の通りである。 月刊ニュースは、日本メディアによって報告されたウイグルと中国に関するニュースのまとめのリンクを紹介しています。 ニュース速報:英国BBCの調査により、強制収容所でウイグル人女性が組織的にレイプさ れていると判明 ウイグルタイムズJP:世界的に有名な英国メディアBBCは、2月2日に衝撃的なニュースとビデオを発表し、世界を震撼させた。強制収容所で18か月間拘留されていたカザフスタンの少女、グルジラ・アユルカン(Ghulzira Auyelkhan)は、強制収容所で拘留されているときに、中国人の男性がレイプできるように、裸のウイグル人の女性に手錠をかけベッドに固定する仕事を与えられていたと語った。詳細はリンクへ。 リンク:https://jp.uighurtimes.com/?p=681           2021年2月3日 北京から開催地変更を 米議会、冬季五輪で決議案 時事通信:米野党共和党の複数の上院議員は2日、来年北京で開催予定の冬季五輪・パラリンピックについて、国際オリンピック委員会(IOC)に開催地変更を求める決議案を議会に提出した。中国政府による新疆ウイグル自治区(※東トルキスタン)のウイグル人迫害などの人権侵害を理由としている。決議案を主導したスコット上院議員は「中国政府はウイグル人のジェノサイド(集団虐殺)を行い、香港の人々の人権を抑圧し、台湾を脅かしている。2022年五輪の主催を許されるべきではない」と強調。中国が即座に人権侵害を是正しない限り、開催地を再選定すべきだと主張した。詳細はリンクへ。 リンク:https://www.jiji.com/jc/article?k=2021020300806&g=int            2021年2月3日

ウイグルと中国に関する月刊ニュース _1月分

まとめ:Boran チェック:Yasin ウイグルタイムズJP; 令和3年2月9日投稿 1月は中国のウイグル政策をジェノサイド認定・米新政権も同意、英政府がウイグル強制労働に関与した企業の排除・ウイグル問題で対中圧力等、ウイグルと中国に関するニュースが日本メディアによっても多く報告された。詳細は以下の通りである。 月刊ニュースは、日本メディアによって報告されたウイグルと中国に関するニュースのまとめのリンクを紹介しています。 故郷の今を知って 在日ウイグル人直接訴え タウンニュース:逗子文化プラザホールのギャラリーで先月、ウイグル人の歴史や文化、そして中国政府による迫害を訴えるパネル展が開催された。詳細はリンクへ。 リンク:https://www.townnews.co.jp/0503/2021/01/01/556893.html          2021年1月1日 英、強制労働関与の企業排除 ウイグル問題で対中圧力 時事通信:英政府は12日、中国の新疆ウイグル自治区(※東トルキスタン)での強制労働に関与している企業をサプライチェーン(供給網)から排除すると発表した。人権侵害問題で対中圧力を強化する。英政府の対応は日本企業にも影響が及ぶ可能性がある。詳細はリンクへ。 リンク:https://www.jiji.com/jc/article?k=2021011300251&g=int           2021年1月13日 関連記事: 時事通信:英、強制労働関与の企業排除

ウイグル人の間で深い懸念を引き起こしている中国-トルコの犯罪者引渡し条約

情報源:https://uighurtimes.com/index.php/china-turkey-extradition-treaty-raising-deep-concern-among-uyghurs/?fbclid=IwAR005A9ecmHKaio2CEuSf842WULm2748PowOy16a57SKv1Cf2-IjXFVMCUM 翻訳者:Yolwas チェック:Yasin 2017年に署名された中国とトルコの犯罪者引渡し条約は、昨年末に中国全国人民代表大会で批准されました。 それはウイグル人のディアスポラとウイグル人人権支援者の間で大きな懸念を引き起こしました。条約がアンカラによって採択され、トルコに避難しようとしているすべてのウイグル人が中国に引き渡される危険にさらされることになります。ウイグル人は、この条約が中国の迫害から逃れるため、東トルキスタンからトルコおよびエジプト、マレーシア、サウジアラビアを含む他の国への避難を求めているウイグル人を標的にしていると信じています。さらに、トルコに避難しようとしているウイグル人のほとんどは、トルコの市民権を持っておらず、もし彼らが中国に引き渡された場合には収容所に連れて行かれ、厳しい迫害に直面し、適法な手続きなしに長期の懲役刑を受けることになります。 エジプトと中国の間で引き渡し条約が調印されたとき、ウイグル人は自分の宗教的な兄弟と信じていたエジプトが、ウイグル人を中国に送還するとは考えていませんでした。驚くべきことに、2017年夏に数千人のウイグル人が逮捕され、カイロで中国に引き渡されるという、信じられないほどの悲劇が起こりました。今ウイグル人にとって、エジプトで起こった悲劇が、自分たちと深く文化的および言語的な関係を共有している国であるトルコで繰り返される可能性があるとは信じがたいことです。しかし、Axiosニュースによると、身柄引き渡しは少数ですが、密かに行われています。これから身柄引き渡しが大規模にならないとは、誰も確信できていません。したがって、中国がトルコに犯罪者引き渡し条約の批准を強いたことは、ウイグル人のディアスポラに大きな懸念を引き起こしました。 中国によるウイグル人への迫害は過去4年間で段階的に拡大し、現在は数百万人のウイグル人が恣意的に拘束されています。トルコに避難したウイグル人は、家族や親戚を東トルキスタンに置いて離れたときにすべてを失ったため、経済的困難と心理的苦痛を克服することが困難です。今日の科学技術の進んだ自由の世界で、もしあなたの家族の何人かが強制収容所に閉じ込められ、拷問のために死んだという状況、あるいは自分の愛する人たちと4年間連絡をすることができないことなどを想像してみてください。こういう想像を絶するような虐殺が、世界中のすべてのウイグル人に対し中国当局が行っています。海外のウイグル人は、ウイグル人権活動家が行っている抗議活動に参加すること以外に、中国の残虐行為に抵抗する力がなく無力であるため、非常に落ち込んでいます。最近、失踪した両親と兄弟の写真を持って何十人ものウイグル人が、イスタンブールの中国領事館の前で、東トルキスタンでの家族の安否を中国に尋ねるためにデモを行っていました。デモで彼らは、トルコと中国の犯罪者引渡し条約に対する、彼らの恐れも示しました。同様の抗議行動は、世界の他の地域にいるウイグル人活動家が行っており、この条約への反対を表明し、ウイグル人に与えられた残虐行為を世界に訴えています。 以前は、トルコは世界中からウイグル人を歓迎し、彼らに避難場所を与えていました。昨年、大多数のウイグル人に長期滞在の許可を与えました。ウイグル人はトルコの援助を高く評価し、自分の第二の故郷と考えていました。自分の兄弟と思っているトルコ政府によって中国に送還されることは決して起こらないと信じていました。これはイスラム教の大きな罪です。トルコの外務大臣メブリュトチャブソグルは、次のように述べています。「いままで、トルコのウイグル人に関して中国から送還を求められてきましたが、トルコはこのような措置をしていません」。RFAのニュースによると、共和人民党(CHP)の米国代表であるYurter Ozcanは「これは大きな誤りであり、共和人民党はこの合意がトルコ国会で批准されないように努力します。」と述べています。 世界ウイグル会議のスポークスマンであるディルシャット・ラキットは、「私たちは、この条約が迫害の手段とならないようトルコ政府に呼びかけます。」とフランス通信社の報告書で述べました。ウイグル人は、スウェーデン、ドイツ、マレーシアの政府が過去数年間に行ったように、ウイグル人を中国に引き渡すことを拒否するという明確な声明をトルコ政府が出すことを望んでいます。

ニュース速報:英国BBCの調査により、強制収容所でウイグル人女性が組織的にレイプさ

ニュース速報:英国BBCの調査により、強制収容所でウイグル人女性が組織的にレイプさ れていると判明 世界的に有名な英国メディアBBCは、2月2日に衝撃的なニュースとビデオを発表し、世界 を震撼させた。 強制収容所で18か月間拘留されていたカザフスタンの少女、グルジラ・アユルカン (Ghulzira Auyelkhan)は、強制収容所で拘留されているときに、中国人の男性がレイプでき るように、裸のウイグル人の女性に手錠をかけベッドに固定する仕事を与えられていたと 語った。 「私の仕事は、女の子の服を脱がせ、動かないようにベッドに縛り付けることです。その 後、警官が中国人の男性を連れて来ます。中国人の男性は刑務所で最も美しい女の子を選 びレイプします」  強制収容所に9か月間拘留され、現在ウイグル人権プロジェクトの助けによって米国に 逃れてきたトルスンアイ・ズヤウドン(Tursunai Ziyawudun)は次のように述べている。 「彼らは毎晩深夜にやって来て、好みの女性を選び、廊下に連れ出し、カメラのない『暗

バイデン政権のウイグル問題に関しての政策と日本政府の対応

情報源:https://www.rfa.org/uyghur/qisqa_xewer/beijing-olimpik-01272021191653.html  米国のポンペオ前国務長官は退任直前の19日、中国政府が180万人のウイグル人を不法に拘留、虐待、強制雇用した、これは「ジェノサイド」と「人類に対する犯罪だ」と非難した。バイデン政権で次期国務長官に指名されたブリンケン氏もこうした見解に賛意を示した。  米国が中国政府のウイグル人に対す虐待を「ジェノサイド」と発表した後、バイデン政権がこの問題に対してどのような行動するのかを注目している。  これについて、アメリカ研究機関のエイドリアン・ゼンツは「新しい米国政府は、中国を『競争相手』、ある意味では『脅威』と見なしているが、中国に対する政策と態度によって多少緩和される可能性がある。以前のように米国が単独で行動するよりも、同盟国と連携で行動するべきだ。米国は、輸入制限や強制労働などの問題を提起し、他国も追随するよう促してきた。また米国の中国大使館を閉鎖することも、『ジェノサイド』条約で、米国における中国共産党の影響力を減らすために取られるべき措置の1つである。明らかに、そのような残虐行為には国際的な団結が必要である。これは、バイデン政府が中国に対する政策をどれほど厳格にすることになるかによる。残念ながら、この『ジェノサイド』に対する他国の政策や態度がどうなるかは明らかではない。」と語った。米国の政治アナリスト、アンダース・コレ博士は、「米国政府は、北京での2022年冬季オリンピックをボイコットし、同盟国にも同じことをするよう奨励すべきだ。」と語った。 一方、米国が「ジェノサイド(大量虐殺)」と認定したことを巡り、日本外務省の担当者は26日の自民党外交部会で「日本として『ジェノサイド』とは認めていない」との認識を示した。出席した自民党議員からは「日本の姿勢は弱い」などの指摘が相次いだが、外務省側は「人権問題で後ろ向きという批判は当たらない。関係国と連携しながら対応していく」と理解を求めた。自民党外交部会の佐藤正久部会長は会合後、記者団に対し「経済も大事だが、人権は大きなテーマだ。中国の人権抑圧を変えるため日本も関与しなければいけない」と強調した。 上記報道内容が日本政府としての公式な見解であれば、数年間に及ぶ懸命な情報収集・分析、度重なる議会での公聴会や強制収容所生還者からの聞き取り調査、専門家やシンクタンクの調査報告書などを検証・精査し、事実確認及び国際法と照らし合わせた上でアメリカ政府が至った歴史的な判断に対して、世界に先駆けて日本政府が異議を唱えることになり、中国政府による民族大量虐殺と人道に対する罪を容認するかのような誤った印象を与えかねない。それと同時に、現在も進行中のこの大量虐殺を終わらせるために多大な責任を負ってくれたアメリカ政府やメデイア・専門家たちの必死の努力に水を差す一方で、中国政府を勇気づけ大量虐殺を更に加速させる口実を与えることになる。また、国際社会でせっかくこの大量虐殺を終わらせるための行動が始まっている中で、上記のような発信は、日本の名誉や信頼を傷つける結果にも繋がる恐れがある。 在日ウイグル人たちは日本政府が米国と連帯し、21世紀には民族大量虐殺が許されないとの明確なメッセージを発して、この悪夢を終わらせるために一刻も早く具体的な行動を起こすことを望む。

次世代のウイグル人青少年をウイグル社会に参加させるにはどうすればよいか

2020年12月25日 翻訳:Yolwas チェック:Yasin 次世代の青少年は、どの国の将来にとっても重要です。現在、ウイグル人は祖国(東トルキスタン共和国)と海外の両方で、次世代の危機に直面しています。海外にいるウイグル人のほとんどは若者であり、彼らのアイデンティティの危機は深刻です。異国に住むウイグル人として、私たちが彼らをウイグル社会に戻し、ウイグル人として育てなければ、彼らが居住する地域の主流社会は、彼らを私たちから遠ざけ、ウイグル社会は彼らを失うことになります。では、どのようにすればよいのでしょうか。 1.何よりもまず、親は愛をもって彼らを育てるべきです。子供が十分な親の愛を受け取らない場合、自分の国に対する愛情も不十分になります。 2.親は子供を理解し、適切に対応し、コミュニケーションをとる必要があります。それらを理解することによって、両親は子供を正しく導くことができます。 3.他の文化と比較し、ウイグル文化の美しさや魅力を彼らに感じさせることが不可欠です。ウイグル料理、ウイグル民族服、ウイグル音楽、ウイグルダンス、そしてウイグルの結婚式や活動の活力を感じてもらう必要があります。 4.学者や社会的貢献者など、過去から現在までさまざまな分野で成功しているウイグル人を彼らに知らせ、ウイグル人が他のどの国の人とも同様に、美点を持っていることを彼らに理解させることが不可欠です。 5.ウイグル社会のさまざまな欠点は、他の国と同様に、通常の社会現象であり、どの国にも長所と短所があることを彼らに認識させる必要があります。 また、私たちが美点を促進するならば私たちの美点は優勢になり、欠点を広めるならば欠点が勝利することを、彼らに認識させるべきです。 6.ウイグル人青少年をウイグル人コミュニティのさまざまな公的活動に積極的に参加できるようにすることが重要です。そうすることで、彼らは帰属感を見つけ、コミュニティの中で成長します。 7.ウイグル人青少年はウイグル人の友達を作るように奨励されるべきです。友情は、若者の考え方や生き方に直接影響を及ぼします。彼らのウイグル人の友人は、将来彼らがウイグル人と交流するきっかけとなります。 8.次世代のウイグル人青少年はウイグル人と結婚するように奨励されるべきです。結婚は社会の小さな窓です。若者が同じくウイグル人と結婚していなければ、私たちの社会の核となる基盤は破壊されます。 9.彼らがウイグル人コミュニティから非常に尊敬され、愛されていること、そして彼らがウイグル人にとって非常に重要であることを彼らに示すことが重要です。このようにして、彼らは自分を愛するコミュニティのために戦うでしょう。そして、彼らが間違いを犯したとき、私たちは彼らを憎むべきではなく、彼らにチャンスを与えるべきであり、そして彼らを再び軌道に戻す方法を常に探すべきです。 10.ウイグル語の本を通して、共通言語と考え方の環境を作る必要があります。読んだ本が同じなら、帰属感も同じになります。

カナダは、中国の新疆ウイグル自治区における人権侵害に対処するため、新しい措置を発 表

情報源: https://www.canada.ca/en/global-affairs/news/2021/01/canada-announces-new-measures-to-address-human-rights-abuses-in-xinjiang-china.html 翻訳:Yolwas チェック:Yasin 1月12日-オンタリオ州オタワ-カナダ国際関係省 フランソワフィリップシャンパーニュ外務大臣とメアリーン中小企業・輸出促進・国際貿 易大臣は、本日、新疆ウイグル自治区の人権状況に関する措置を発表しました。 カナダは、新疆ウイグル自治区内のウイグル人およびその他の少数民族に対して行われている、中華人民共和国における人権侵害の証拠と報告に深刻な懸念を抱いています。 カナダは、抑圧的監視、大量の恣意的拘束、拷問および虐待、強制労働および新疆ウイグル自治区から中国全土の省への強制労働者の大量移送など、新疆ウイグル自治区内のウイグル人及び他の少数民族が関わる、中華人民共和国における人権侵害の証拠および報告に深刻な懸念を抱いています。これら中国の行っていることは、国際人権条約に著しく違反するものです。  カナダは、英国やその他の国際的なパートナーと協力して、ウイグル人及び他の少数民族の権利を守るための包括的なアプローチを採用しています。これには、あらゆる国からの強制労働製品がカナダおよび世界のサプライチェーンに入り込むリスクに対処し、カナダの企業が無意識のうちに共犯者となることを防ぐための措置を進めることを含みます。 カナダのアプローチには次の7つの対策が含まれます。 1 強制労働によって全部または一部が生産された商品の輸入の禁止 2 カナダ企業向けの新疆ウイグル自治区宣言

イスタンブールの中国領事館の前で収容所犠牲者の親族による抗議

情報源:https://www.rfa.org/uyghur/xewerler/turkiyede-uyghur-mesilisi-01082021101434.html 翻訳:Ilik チェック:Yasin 2020年12月22日から始められたイスタンブール中国領事館前の、強制収容所の犠牲者の親族によるデモは、イスタンブールの中国領事館に、収容所や刑務所に拘留され失踪した家族の情報や、関係者との面会を求めている。 収容所の犠牲者の親類は何度も中国領事館にこれを申請したが、領事館は収容所の犠牲者に関連する申請の受け入れや、関係するスタッフとの面会を拒否してきた。 デモ開始から数日後、中国領事館から収容所の犠牲者の親戚へ手紙が届けられた。手紙には、収容所の 犠牲者の親戚に対し、東トルキスタンの旗や「東トルキスタン」という用語の使用をやめ、分離主義者との接触を完全に遮断することをソーシャルメディアで公表するよう求め、この条件が満たされれば中国当局が面会に同意すると書かれていた。 これについて収容所の犠牲者の親族の一人、ブルハン・セイト(Burhan seti)博士はインタビューで次の ように述べた。「愛国者であると主張しているウイグル人に対し、 『東トルキスタンと言わなければ、旗を使わなければ、中国に反対しなければ、会う』と書いてきた。彼らの目的は、東トルキスタンの声である、私たちの兄弟姉妹の声を沈黙させることである。」 イスタンブールの中国領事館の前で、両親や親族の写真を手にしたウイグルの若者の活動には、トルコ の各政党の指導者、NGOの役人、そして一般の人々も支援のために集まっている。 このウイグルの若者 の抗議活動を取り上げるメディアの数も増えている。

中国政府はウイグルで数百人のイマームを拘束し、 ウイグル人の宗教生活が消えた

情報源:https://www.rfa.org/english/news/uyghur/imams-11202020153337.html 亡命中のウイグル人言語学者によると、中国政府は、数百人のイスラム教徒のイマームを拘束し、葬儀を指導する人がいないため、ウイグル人が「死ぬことを恐れている」ようになっている。 International Cities of Refuge Network(ICORN)のノルウェーを拠点でのメンバーであるAbduweli Ayup(アブドウエリ アユップ)は、ウイグル人へのインタビューで、最大180万人のウイグル人が強制収容所で、その中少なくとも613人のイマームが収容されていることが明らかになったと述べた。 ウイグル人始めイスラム教徒は、2017年の初めから強制収容所に拘留されている。 「私達は2018年の5月頃にこの捜査を開始した…そして、インタビューが11月に終了した後、最もターゲットにされた人は宗教上の人物であることが明らかになった」と、ワシントンを拠点とするウイグル人権プロジェクト(UHRP)が主催した「イマームはどこにいるのか?」と題されたインターネット会議でアユップは述べた。 「当時、拘留されたイマームは約300人がリストされていたが、その後も数値が更新し続け、最後の更新である6月までに613のイマームがリストされた。」 ウイグル語教育の推進を通じて社会的および文化的権利のために戦った後、2013年から2014年に投獄されている間に数ヶ月の拘禁と拷問に苦しんだアユップは、イマームの逮捕が覆されたと述べた少なくとも16人の元被拘禁者にもインタビューしたと述べた。 「彼らは、イマーム達が逮捕された後、ウイグル人は葬式を指導するイマームがいないために死ぬことを恐れるようになった」と彼は述べた。 オランダに住む元拘留者の一人は、ウルムチでは、「人々は登録し、誰かが死んだら順番が来るまで待たなければならない」と語った 別の元拘留者(スウェーデンを拠点とする学者)は2018年にウイグルを訪れ、いつでも権利侵害に直面しているにもかかわらず、「今ではウイグル人は生きることを恐れていない」とアユップに語った。