Uncategorized

ウイグル人の行方不明の母親への手紙

アブドゥルハキム・イドリス 翻訳:清水 政明 情報源:https://bitterwinter.org/a-uyghur-mans-letter-to-his-lost-mother/?fbclid=IwAR0tV7HR6TLgeFT_lKGhe420gp5soGfdVgN8JAgfsVwna1UqhLEXz85lL-Y アブドゥルハキム・イドリスは人権活動家であり、ウイグル人の権利の主張者であるルーシャン・アッバスの夫です。彼は母親がどこにいるかを知りません。 アブドゥルハキム・イドリスによる記事 (写真は、イドリスさんの母親ヘビベハン・ハジムさん) 愛する母よ、 最後にあなたの声を聞いたのは2017年4月25日でした。 それから今日で1095日です。前回の電話での会話から3年。もう電話して来ないようにと言われた時のあなたの震える声を今でも覚えています。 2001年にドイツで会ったとき、あなたは何度も私に言いました。「息子よ、私たちはありとあらゆる物事を見てきました、そして私たちは歳を取ってゆきます。私たちが恐れるのは神だけです。あなたは自分で選んだ道を行くべきです。」よく分かっています、母よ。私はあなたの勇気を知っています。あの日、あのようにあなたが恐怖していたのは、いったい何が起こったからなのでしょうか?母親に自分の息子に電話しないように言わせたものは何なのでしょうか? 私は2010年にアメリカに到着して以来、毎日あなたに電話をかけました。私は1982年に家を出ましたが、まだ若かったので、理解できないことがたくさんありました。ホータンの秘密の地下宗教学校に通っていた時、私は、あなたの家事を手伝ったり、若い大人として家族への責任を果たしたりすることができませんでした。 私が1986年に留学するために家を出た時、あなたは私に、あなたの貯金すべてを与えてくれました。愛する母よ、あなたには知らせていませんでしたが、1989年、巡礼中のアラファの祭日に、私は、卒業後の次のステップについて、留学している他のウイグル人学生と話し合ったのです。私たちは祖国のために自分たちが何をできるかについて、答を求めていました。何が最も有益なのでしょうか?それで、西洋の民主主義国に移住することを決断しました。私はあなたの許可なく、1990年9月9日に友達とドイツに来て、そこに定住しました。「故郷に尽くすために、故郷を離れる」という、最初の実践的な一歩を踏み出しました。私は物理的にはあなたから離れて行きつつありましたが、母よ、精神的に私はあなたにとても近かったのです。 私は、あなたが電話しないでほしいと言った日のつらい記憶とまだ一緒に生きています。守るべき私の兄弟姉妹との連絡が途絶えてから既に1年以上が経過していましたが、さらに、あなたとの連絡も途絶えてしまいました。あなたが電話を切った後、私が立ちつくしていたことを、今でも覚えています。頭が垂れ下がり、涙があふれ出てきました。私は不思議な悲しみに包まれていました。私の心は永久の別れの悲しみに占領されていました。 私は既に、弾圧が続いた結果として、兄(弟)のアブドゥレヒムが歓迎できない漢民族の家族によって奴隷扱いされていることを知っていました。彼らは政府の「二重親族」政策の下で「親族」として強制的に他人の家に送り込まれてきた露骨な詐欺師でした。(訳者注:中国政府は、ウイグル人家庭に、赤の他人の中国人を送り込み、「家族」として一緒に暮らすよう強制しています。)私はかつてあなたに尋ねました。「恥知らずなお客はまだいるのですか?」あなたは深くため息をついて何も言いませんでした。 私たちの祖国が1949年に共産党政権によって占領されて以来、中国政府は常に私たちの家族の威信と誇りを打ち壊そうとしてきました。彼らは私の祖父の馬と財産を没収し、私たちの素晴らしい中庭をつぶし、庭の楽園を破壊し続けました。あなたはその時、あなたが今回したようには反応しませんでした。今回、この邪悪と不名誉が私たちの家庭、私たちの家、最後の拠点に侵入して来ました。母よ、あなたを壊したのはこれなのでしょうか?私たちの勤勉で忍耐強い父があまりにも無力なために、あなたは失望したのでしょうか?私の姉妹が直面している虐待と、優しい兄(弟)のアブドゥレヒムを奴隷扱いする拷問が、あなたを絶望させたのでしょうか?あなたの無実の孫たちの運命が分からないことが、私との接触を遮断するほどあなたを怖がらせたのでしょうか?

コロナウイルスといくつかの疑問

情報源:http://iuyghur.com/?p=111187 翻訳者:Ilik チェック:Yasin 武漢から上海まで629 km.  武漢から北京まで1052 km.  武漢からミラノまで8700 km.  武漢からニューヨークまで12,000 km.  武漢からイタリアまで8670 km.  武漢からロンドン8880 km.  武漢からパリまで8900 km.  武漢から スペインまで9830 km.  武漢からインドまで3575 km.  武漢からイラン6560まで km. 疑問 …!コロナウイルスは武漢で検出され、現在世界中に広まっている。しかし、ウイルスが発見された武漢市は、中国の政治の首都である北京と、経済の首都である上海に最も近いが、ウイルスは2つの首都では、それほど感染者が発生しなかった。北京は、中国の国家主席、軍指導部、および中国を統治するすべての指導者の本拠地がある。北京市は中国のウイルスの影響をあまり受けていない、閉鎖もされていない。なぜなのか?上海市は、中国の経済を支配する経済首都である。上海は、生産と工場を管理する中国の富裕層が住んでいる。だからこの都市はウイルスの影響をあまり受けていない。コロナウイルスは感染しやすいか? 私たちは世界中でコロナウイルスが猛威を振るっていることを知っている。ここでこのような重要な疑問がでてくる。世界でも最も進んだ国がこのウイルスを封じ込めることができていない、中国よりも先進国や地域でパニックを引き起こしているのに、なぜ北京や上海に及ばないのか?一体なぜなのか?!!!北京と上海は武漢から近いが、ウイルスは武漢に隣接するこれらの2つの都市には広がらず、武漢から世界の隅々まで広がっている。なぜこれらの2つの都市に拡散しなかったのか?現在1億以上の人口を持つインドは、国を閉鎖し、経済が悪化しているが、中国の都市は閉鎖の方針を取りやめ、4月8 日には武漢市の封鎖も解除される予定である。今、世界は中国のテロに直面している。世界がパニック状態にある今、中国の生活は正常になっているが、なぜなのか?!!!もう1つの重要なことは、世界の株式市場の株価がほぼ半減していることである。インドの株式市場は12,000から7,000に下落したが、中国の株式市場は3,000から2,700 への低下と、中国の株式市場には影響はなかった。これらの事から導き出される結論として、コロナウイルスは中国の生物兵器ということである。

コロナウイルス:ウイグル活動家は中国で流行のウイグル自治区(東トルキスタン)の苦境に注目した

翻訳:Ilik チェック:Yasin  「新型コロナウイルスと戦うための厳しい政策に苦しんでいる中国人は、同様な政策が中国の少数民族に対して何年もの間実施されてきたことを認識すべきだ。」と亡命ウイグル人の人権活動家が訴えた。 刑務所に入れられたウイグル知識人イリハム・トフティ氏の娘ジュウェル・イリハム氏は、北京が行っている数千万人を封鎖するなどの政策を批判した。  しかし彼女は、このような弾圧がウイグル自治区(東トルキスタン)のウイグル人に対する認識を改め、中国の一般市民の間でより多くの共感をもたらすことを望んでいると述べた。  「ウイグル人だけが標的にされている訳ではないことを、中国の一般市民が認識しなければならない時が来た」と今週ジュネーブで人権活動家の会議に出席しているジュウェル氏はAFPに語った。 これまで何度も受賞している彼女の父は、分離・独立を扇動したとして2014年に終身刑を受けているが、この裁判は国際的にも批判されている。中国の一般市民が、権利が踏みにじられるのは「テロリスト」に対してだけではないことに気付いたのがこの時だったと彼女は言った。  「それは宗教に関するものでも、アイデンティティに関するものでもない」と彼女は語った。「これは人権に関するものである。」 中国共産党は、ウイグル自治区(東トルキスタン)の強制収容所に約100万人のウイグル人やその他のイスラム教徒の少数民族を収容したことで、国際的な非難に直面している。収容者は政治的教化と漢人社会への強制的な同化に苦しんでいると人権団体は主張している。 北京によると、その施設は職業訓練と中国語教育を通じた、テロとの闘いに必要な、「職業訓練センター」である。 COVID-19ウイルスの感染者は、12月の出現以来、25か国以上で75,000人以上にのぼっており、死亡者数が2,200人以上出たが、この拡大阻止のために、中国当局は思い切った手段をとった。 発生源である湖北省中央部と省都武漢の約5,600万人が、前代未聞の封鎖の対象となった。 当局は症状のある人を隔離するために戸別訪問を開始した。これまで北京はウイルスの爆発的な国際的な拡散を回避したと主張し、世界保健機関から称賛を受けている。 しかし人権活動家は、移動と表現の自由の両方に対する弾圧に警報を発し、また、封鎖状況で人々が食料と医薬品を得ることができるか疑問を呈した。 新しいことではない

グルチェクラ・ホジャ氏のマグニツキー人権賞授賞式でのスピーチ

情報源: https://uighurtimes.com/index.php/gulchehra-hojas-speech-at-the-magnitsky-human-rights-award-ceremony/   翻訳者:Oyxan チェック:Yasin –この賞の受賞と、また人権の侵害者に責任を負わせるマグニツキー法が制定されたことに深く感謝します。 –セルゲイ・マグニツキーが独裁者から人権侵害を受けたことに焦点を当てることによって、法の支配が及ばずに暴力に苦しむ多くの人々のために正義を求め、達成することが可能になりました。 –ビルさん、あなたがセルゲイの物語を語ったこと、国際的に人権を守るためにマグニツキー法を採用するように各国に働きかけ、成功させたことで、独裁的な政権に対する個人の力を示しました。 あなたの成功は、正義を求めたいと願う多くの人々を力づけ、必要な希望と信仰を与えました。 –加害者の海外資産を凍結し、旅行の自由を制限することで、あなたは彼らの立場を失わせ、彼らの行為を世界が嫌悪していることを示し、国際商取引ができないようにします。 –それはまさに、中国が何百万人ものウイグル人に対して犯している犯罪への対応として、最も必要としているものです。 少なくとも、世界は今日のウイグル地域の強制収容所という犯罪を犯している加害者との付き合いをやめるべきです。 加害者は、人権を侵害するか、国際貿易の利益を享受するか、どちらかを選択する必要があります。 ウイグル地域全体が、中国にとって数十億ドルの利益をもたらす、強制労働の地域となっています。 –あなた自身の母国で起こっている非常に多くの人権侵害を文書化する記者として、あなた自分が標的になるのは容易に起こります。 そして、独裁的な政権によって家族全員が強制収容所に連れて行かれ、沈黙するようにと脅されるなら、それは計り知れない苦しみとなるでしょう。それはあなたを押しつぶしてしまうかもしれません。

ウイグルと中国に関する月刊ニュース – 9月30日

まとめ:Boran チェック:Yasin ウイグルタイムズJP; 9月30日投稿   9月は日本メディアによって、ウイグルと中国に関するニュースが多く報告された。詳細は以下の通りである。   中国は永遠に民主化できない…天安門事件より深刻な事態に陥る可能性   現代ビジネス:「英国が最終的に香港返還を決断したのも、自由化・民主化が進むと考えたからであり、現在のように、毛沢東暗黒時代への回帰を目指す習近平政権では、香港返還などあり得なかったと断言していい。」 「中国が永遠に民主化できない」理由を巡って、国際投資アナリスト 大原 浩氏のアナライズを見てみよう。 リンク:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66818  2019年8月30日 ウイグルマンガ「私の身に起きたこと」 ワピピネット:清水ともみさん作のウイグルマンガ 第二弾「私の身に起きたこと」

ウイグルと中国に関する週刊ニュース – 8月26日

まとめ:Boran チェック:Yasin ウイグルタイムズJP; 8月26日投稿 1. 在日ウイグル人襲う悲劇=「獄死」返されない遺体-収容拡大、家族と連絡取れず  21世紀に世界最大の「監獄」になっているウイグルで何が起こっているのだろうか。米国務長官が語る「最悪の人権危機」に直面しているウイグル人に、どのような運命が待っているだろうか。次々と「強制収容所」に入れられ、中から遺体ででている人も少なくない。これについて、在日ウイグル人の悲劇な証言を聞いてみよう。 全文:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190825-00000017-jij-cn,2019年8月25日。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019082400413&g=int 2019年8月25日。 2. ウイグル弾圧の手を緩める中国に騙されてはいけない 米国の非難を受け、中国はウイグルに対し弾圧の手を緩めているのか。 全文:https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/57191,2019年8月1日。 3. ウイグル旅行者が持たされる監視アプリ「蜂采」とは ウイグルに入る旅行者のスマホを起動させ、インストールを要求する「蜂采」というアプリは一体何だろう。

トランプ大統領が迫害を受けた宗教グループの代表と面会した

ウイグルタイムズ 情報源:http://weiwuer.com/?p=1082 通訳者:Ilik 編集者:Yasin  トランプ米大統領が2019年7月17日(水)に中国、トルコ、北朝鮮、イランとミャンマーで迫害を受けた、さまざまな宗教グループの代表とホワイトハウスで面会した。  米大統領執務室に招かれた27人には、中国政府から迫害を受けた4人も含まれていた。その4人は:中国で終身刑を受けているウイグル人学者イルハム・トフティ氏の娘ジュウェル・イルハム氏、法輪功学習者の张玉华氏(zhang yuhua)、チベット仏教徒ニマラム氏、キリスト教徒の欧阳满平氏(Ouyang Manping)である。  2014年からジュウェル・イルハム氏の父親イルハム・トフティ氏は、分離・独立を扇動したとして、中国で終身刑を受けている。このことは当時から、アメリカおよび国際人権団体によって非難されていた。イルハム・トフティ氏は経済学の教授であり、ウイグルの人権擁護者でもある。  国連人権理事会 (U.N. Human Rights Council) の22の加盟国が今月、東トルキスタンのウイグル人への迫害を止めるよう中国に要請した。国連の専門家や活動家は、少なくとも100万人のウイグル人が東トルキスタンの強制収容所に収容されていることを報告している。  トランプ政権は、陳全国を含む、東トルキスタンにおける中国当局者に対しての制裁を検討してきたが、中国の報復を怖れトランプ政権は行動を起こさなかった。

ウイグル支援デモ

ウイグル弾圧に終止符を❗世界同時デモ決行企画者: Matt J Tucker(マット・J・タッカー)Maya Mitalipova (マヤ・ミタリポワ)日本 東京2019年7月21日(日)渋谷駅ハチ公改札前13:00〜18:00 2019年(令和元年)5月3日、アメリカアメリカの国防総省のシュライバー次官補は記者会見で、「中国政府が運営している収容所には、ウイグル人が最大で300万人収容されている。中国共産党は、不法に大規模な投獄を行っている。」と述べた。実際にはそれ以上のウイグル人が収容されているとの見解が出されており、ウイグル人の多くの家族が破壊されている。親が収容され、残された子供達は孤児になり、子供のキャンプに入れられている。2016年に始まった無料検診では、6歳から60歳までのウイグル人に健康診断が強制され、血液型、指紋、虹彩、DNAなどがデータ化された。これは中国国では、もう秘密ではなくなった、臓器売買につながるとの懸念がある。若いウイグル人の女性は、中国人男性と結婚させられ、政府の移民政策の目玉政策となっている。このようなことを行う中国政府の真の狙いは、東トルキスタンの所有主であるウイグル人を完全に浄化し、70年間統治してきた植民統治を永続化することだ。このような状況下、7月8日のジュネーブで開かれた国連人権委員会で、日本を含む22カ国が中国政府に対し、ウイグル人に対する拘束、監視、弾圧を停止するよう求めた。今回の世界同時デモは、世界中にいる、人権や人間の基本的価値を尊重する全ての人々と共に、中国の暴力的弾圧と悪事に対してストップをかける為に行われます。是非日本人の皆様のお力をお貸し下さい、渋谷に集い、皆で反対の声上げていきましょう‼️

中国は、春節の為に、‘イスラム教徒に豚肉とアルコール飲料の飲食を強制した

新疆の政府官僚がローンチした‘アンチハラール’キャンペーンが非難された 情報源:https://www.independent.co.uk/news/world/asia/china-muslims-xinjiang-pork-alcohol-lunar-new-year-spring-festival-uighur-islam-a8767561.html?fbclid=IwAR1UfiXadNToCaGjYXKJL5wadtMwGHaoXHD4DOmfaAH1pfuhuyHWTAlBREI   中国ダヴァンチン(達坂城)にある‘専門スキル教育施設’( ロイターズ ) 中国政権が春節中に、イスラム教への取締りの一環として、新疆地域のイスラム教徒に豚肉とアルコール飲料の飲食を強制したと伝えられた。  ラジオフリーアジア (RFA)の報道によると、イリカザフ自治州の住民が春節を祝うイベント等に招待され、参加しない場合は再教育施設に送られると脅迫されたという。 “新疆にいるカザフ人は絶対に(豚肉を食べたり)しない。昨年から、漢民族の祭りである春節を祝う為に、豚肉を食べるよう一部の人が強制された。”と、米国政府運営のRFAがウェブサイトで匿名住民の言葉を引用している。 豚肉を食べることは、イスラム教で禁止されている。 政府官僚がイスラム教信者の家庭に豚肉を届け、漢民族の春節用装飾を住居外部に飾るよう強制したともRFAがレポートしている。 その前にも、クリスチャンNGOであるChinaAidの2018年2月に発表したレポートでは、新疆のイスラム教徒が春節のお祝い宴会に参加するよう強制され、イスラム教徒が普段食べない料理や材料が不明確な料理を食べるよう強制されたとしていた。 他にも、昨年10月に、新疆の区都、ウルムチ市の政府が反ハラール製品運動を始めたと報道されていた。 中国 は、イスラム教徒の多い新疆(自治区であり、ウイグル人とカザフ人とのホームである)において、反過激主義・反分離主義と謳っている運動に取り組んでいる。 人権団体と外国政府は、中国政府が100万以上の人を所謂再教育キャンプに収監し、強制的に共産党のプロパガンダを唱えさせたり、信仰を否定させたりなど、同自治区内のイスラム教を体系的に取り締まっているとして、北京を避難した。

米国学者:中国共産党はウイグル族の知識人を拘留し、民族の柱は閉じ込められている

ニュース源:RFA 日本語翻訳:《ウイグルタイムズ》ボランティアーKurash 編集者:Kukbore 白道仁(Darren Byler)は、米国シアトルのワシントン大学で人類学の講師を務めています。 ウイグル人を長期に研究した学者として、彼は現地調査のために17年間で何度も東トルキスタンを訪れ、2年以上その地域に住んでいました。 お正月の初日に、彼は2016年以来拘留されてきた100人以上のウイグル人知識人をリストアップした名簿をツイッターに投稿しました。彼はそれらの少なくても二三十人を知っています。本通信記者家傲は木曜日に白道仁にインタビューし、この名簿の裏にあるストーリーを理解できました。 記者:あなたはなぜこの名簿をツイッターに投稿した? 白道仁:実はこの名簿はしばらく前からインターネットで広まっており、これを作ったのは私の2人の友人で、一人はワシントンDCに住んでいるウイグルの詩人・映画製作者のTahir Hamutです。もう 一人は学者のRune Steenberg Reyheです。 彼らは昨年11月にリストを作成し、ヨーロッパの当局者とそれを共有することを計画していました。そのようなことが起こっていることを皆に知らせたいので、私はこの名簿を公開することにしました。私は名簿の多くの人を知っています。 記者:あなたはこの人たちとどのような関係がありましたか?