Uncategorized

ウイグルと中国に関する月刊ニュース _3月分

まとめ:Boran チェック:Yasin ウイグルタイムズJP; 令和3年4月17日投稿 3月は、EU、ウイグル人権問題で30年ぶり対中制裁決定、バイデン政権初の人権報告書 中国が「ウイグルで大量虐殺」、日本ウイグル協会など在日ウイグル人が国会議員、地方議員や政府にウイグル調査と対中制裁を要請など、ウイグルと中国に関するニュースが日本メディアによっても多く報告された。詳細は以下の通りである。 月刊ニュースは、日本メディアによって報告されたウイグルと中国に関するニュースのまとめのリンクを紹介しています。 日本ウイグル協会が”日本でできること”を訴え「ウイグルのことを少しでも知ったら…」 ABEMA TIMES:27日深夜、『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(ABEMA)が放送され、日本ウイグル協会の協会員たちが中国で起きているウイグル人への弾圧について「日本でできること」を訴えた。  この日は「中国政府による民族大虐殺 ウイグル人の証言」と題して、ゲストに日本ウイグル協会の人物を招き、中国で起きていると言われているウイグル人への弾圧について特集をした。  協会では現在、街頭演説やビラ配りといった活動をしており、まずはこの問題を知らない人々への周知、そして人権問題を重視する国会議員たちへの働きかけへも行っているそうで、協会の理事であるハリマト・ローズ氏は「ウイグルのことを少しでも知ったら、隣の人に知らせてほしい」と呼び掛けた。詳細はリンクへ。 リンク:https://times.abema.tv/news-article/8648430           2021年3月1日

ウイグルと中国に関する月刊ニュース _2月分後半

まとめ:Boran チェック:Yasin ウイグルタイムズJP; 令和3年3月4日投稿 2月後半は、中国によるウイグル人「ジェノサイド」をカナダ・オランダ下院が可決、日本の国会でもウイグル人ジェノサイド認定について議論が始まる、ウイグル人女性たちが証言する中国の収容施設の内側、「手足に鎖の生徒」と「集団レイプ」、北京五輪のボイコットを米下院議員が呼びかけ等、ウイグルと中国に関するニュースが日本メディアによっても多く報告された。詳細は以下の通りである。 月刊ニュースは、日本メディアによって報告されたウイグルと中国に関するニュースのまとめのリンクを紹介しています。 危なくなった「北京冬季オリンピックの開催」~米が中国のウイグル政策をジェノサイド認定 ニッポン放送:ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(2月16日放送)に数量政策学者・内閣官房参与の高橋洋一が出演。中国のウイグル政策がアメリカにジェノサイド認定されたことによる北京五輪への影響について解説した。 米のポンペオ氏によってジェノサイド認定された中国のウイグル政策だが、バイデン政権もこれに同意しており、2022年の北京冬季オリンピックに欧米各国がボイコットする可能性が出ている。詳細はリンクへ。 リンク:https://news.line.me/issue/oa-jolf/aa6uouty2p0s?mediadetail=1&utm_source=line&utm_medium=share&utm_campaign=talk           2021年2月16日 北京冬季オリンピックは中国の集団虐殺を隠蔽する祭典に Newsweek:<民族弾圧を続ける「犯罪国家」が五輪を開催することに抗議の声が広まっている>2月4日、東京都内の日本外国特派員協会で日本在住のモンゴル人とウイグル人の代表による記者会見が行われた。小規模ではあったが、2022年の北京冬季オリンピックのボイコットを呼び掛けた声明は瞬時に世界を駆け巡った。詳細はリンクへ。 リンク:https://www.newsweekjapan.jp/youkaiei/2021/02/post-63.php          

「家族はどこに」という抗議が全世界に拡大

作成:Ilik チェック:Yasin ウイグルタイムズJP; 令和3年2月23日投稿 2020年12月22日から始められたイスタンブール中国領事館前での「家族はどこに」という、収容所や刑務所に家族が拘留されている若者たちの抗議活動は、17日目となる2021年1月13日に、イスタンブール市政府が仲介することで、中国領事館が強制収容所の犠牲者に関連する申請の受け入れることになった。これにより、イスタンブール中国領事館前での抗議は一時的に停止になったが、2月2日に5000人以上の強制収容所の犠牲者に関する申請を中国領事館が受け付けないことから、抗議活動が再開した。トルコのイスタンブールだけではなく、トルコのアンカラ、カザフスタン、アメリカ、カナダ、オーストラリア、日本にも拡大している。 日本ウイグル協会は、中国が東トルキスタンでウイグル人ら地元住民に対して行っているジェノサイドと人道に対する罪の実態を日本社会に広く知らせるために、在日ウイグル人一同及び日本人支援者と、ウイグル問題を訴える長期街頭活動を実施している。これにはトルコで始まった「家族はどこに」という抗議活動を応援する気持ちも込められている。 日本のすぐ隣で進行中の、ナチスを超えるジェノサイドに抗議の声を上げ、一刻も早く阻止すべく具体的な行動を取るよう日本政府や国際社会に求める。 以下の活動場所や時間帯をご確認頂き、直接現場へお越しください。 ■新三郷駅(埼玉県三郷市) 2021/2/13~2021/2/23 毎日12:00~14:00 ■西船橋駅 北口(千葉県船橋市) 2021/2/24~2021/3/2 毎日12:00~14:00

バイデン政権のウイグル問題に関しての政策と日本政府の対応

情報源:https://www.rfa.org/uyghur/qisqa_xewer/beijing-olimpik-01272021191653.html  米国のポンペオ前国務長官は退任直前の19日、中国政府が180万人のウイグル人を不法に拘留、虐待、強制雇用した、これは「ジェノサイド」と「人類に対する犯罪だ」と非難した。バイデン政権で次期国務長官に指名されたブリンケン氏もこうした見解に賛意を示した。  米国が中国政府のウイグル人に対す虐待を「ジェノサイド」と発表した後、バイデン政権がこの問題に対してどのような行動するのかを注目している。  これについて、アメリカ研究機関のエイドリアン・ゼンツは「新しい米国政府は、中国を『競争相手』、ある意味では『脅威』と見なしているが、中国に対する政策と態度によって多少緩和される可能性がある。以前のように米国が単独で行動するよりも、同盟国と連携で行動するべきだ。米国は、輸入制限や強制労働などの問題を提起し、他国も追随するよう促してきた。また米国の中国大使館を閉鎖することも、『ジェノサイド』条約で、米国における中国共産党の影響力を減らすために取られるべき措置の1つである。明らかに、そのような残虐行為には国際的な団結が必要である。これは、バイデン政府が中国に対する政策をどれほど厳格にすることになるかによる。残念ながら、この『ジェノサイド』に対する他国の政策や態度がどうなるかは明らかではない。」と語った。米国の政治アナリスト、アンダース・コレ博士は、「米国政府は、北京での2022年冬季オリンピックをボイコットし、同盟国にも同じことをするよう奨励すべきだ。」と語った。 一方、米国が「ジェノサイド(大量虐殺)」と認定したことを巡り、日本外務省の担当者は26日の自民党外交部会で「日本として『ジェノサイド』とは認めていない」との認識を示した。出席した自民党議員からは「日本の姿勢は弱い」などの指摘が相次いだが、外務省側は「人権問題で後ろ向きという批判は当たらない。関係国と連携しながら対応していく」と理解を求めた。自民党外交部会の佐藤正久部会長は会合後、記者団に対し「経済も大事だが、人権は大きなテーマだ。中国の人権抑圧を変えるため日本も関与しなければいけない」と強調した。 上記報道内容が日本政府としての公式な見解であれば、数年間に及ぶ懸命な情報収集・分析、度重なる議会での公聴会や強制収容所生還者からの聞き取り調査、専門家やシンクタンクの調査報告書などを検証・精査し、事実確認及び国際法と照らし合わせた上でアメリカ政府が至った歴史的な判断に対して、世界に先駆けて日本政府が異議を唱えることになり、中国政府による民族大量虐殺と人道に対する罪を容認するかのような誤った印象を与えかねない。それと同時に、現在も進行中のこの大量虐殺を終わらせるために多大な責任を負ってくれたアメリカ政府やメデイア・専門家たちの必死の努力に水を差す一方で、中国政府を勇気づけ大量虐殺を更に加速させる口実を与えることになる。また、国際社会でせっかくこの大量虐殺を終わらせるための行動が始まっている中で、上記のような発信は、日本の名誉や信頼を傷つける結果にも繋がる恐れがある。 在日ウイグル人たちは日本政府が米国と連帯し、21世紀には民族大量虐殺が許されないとの明確なメッセージを発して、この悪夢を終わらせるために一刻も早く具体的な行動を起こすことを望む。

イスタンブールの中国領事館の前で収容所犠牲者の親族による抗議

情報源:https://www.rfa.org/uyghur/xewerler/turkiyede-uyghur-mesilisi-01082021101434.html 翻訳:Ilik チェック:Yasin 2020年12月22日から始められたイスタンブール中国領事館前の、強制収容所の犠牲者の親族によるデモは、イスタンブールの中国領事館に、収容所や刑務所に拘留され失踪した家族の情報や、関係者との面会を求めている。 収容所の犠牲者の親類は何度も中国領事館にこれを申請したが、領事館は収容所の犠牲者に関連する申請の受け入れや、関係するスタッフとの面会を拒否してきた。 デモ開始から数日後、中国領事館から収容所の犠牲者の親戚へ手紙が届けられた。手紙には、収容所の 犠牲者の親戚に対し、東トルキスタンの旗や「東トルキスタン」という用語の使用をやめ、分離主義者との接触を完全に遮断することをソーシャルメディアで公表するよう求め、この条件が満たされれば中国当局が面会に同意すると書かれていた。 これについて収容所の犠牲者の親族の一人、ブルハン・セイト(Burhan seti)博士はインタビューで次の ように述べた。「愛国者であると主張しているウイグル人に対し、 『東トルキスタンと言わなければ、旗を使わなければ、中国に反対しなければ、会う』と書いてきた。彼らの目的は、東トルキスタンの声である、私たちの兄弟姉妹の声を沈黙させることである。」 イスタンブールの中国領事館の前で、両親や親族の写真を手にしたウイグルの若者の活動には、トルコ の各政党の指導者、NGOの役人、そして一般の人々も支援のために集まっている。 このウイグルの若者 の抗議活動を取り上げるメディアの数も増えている。

ウイグル人の行方不明の母親への手紙

アブドゥルハキム・イドリス 翻訳:清水 政明 情報源:https://bitterwinter.org/a-uyghur-mans-letter-to-his-lost-mother/?fbclid=IwAR0tV7HR6TLgeFT_lKGhe420gp5soGfdVgN8JAgfsVwna1UqhLEXz85lL-Y アブドゥルハキム・イドリスは人権活動家であり、ウイグル人の権利の主張者であるルーシャン・アッバスの夫です。彼は母親がどこにいるかを知りません。 アブドゥルハキム・イドリスによる記事 (写真は、イドリスさんの母親ヘビベハン・ハジムさん) 愛する母よ、 最後にあなたの声を聞いたのは2017年4月25日でした。 それから今日で1095日です。前回の電話での会話から3年。もう電話して来ないようにと言われた時のあなたの震える声を今でも覚えています。 2001年にドイツで会ったとき、あなたは何度も私に言いました。「息子よ、私たちはありとあらゆる物事を見てきました、そして私たちは歳を取ってゆきます。私たちが恐れるのは神だけです。あなたは自分で選んだ道を行くべきです。」よく分かっています、母よ。私はあなたの勇気を知っています。あの日、あのようにあなたが恐怖していたのは、いったい何が起こったからなのでしょうか?母親に自分の息子に電話しないように言わせたものは何なのでしょうか? 私は2010年にアメリカに到着して以来、毎日あなたに電話をかけました。私は1982年に家を出ましたが、まだ若かったので、理解できないことがたくさんありました。ホータンの秘密の地下宗教学校に通っていた時、私は、あなたの家事を手伝ったり、若い大人として家族への責任を果たしたりすることができませんでした。 私が1986年に留学するために家を出た時、あなたは私に、あなたの貯金すべてを与えてくれました。愛する母よ、あなたには知らせていませんでしたが、1989年、巡礼中のアラファの祭日に、私は、卒業後の次のステップについて、留学している他のウイグル人学生と話し合ったのです。私たちは祖国のために自分たちが何をできるかについて、答を求めていました。何が最も有益なのでしょうか?それで、西洋の民主主義国に移住することを決断しました。私はあなたの許可なく、1990年9月9日に友達とドイツに来て、そこに定住しました。「故郷に尽くすために、故郷を離れる」という、最初の実践的な一歩を踏み出しました。私は物理的にはあなたから離れて行きつつありましたが、母よ、精神的に私はあなたにとても近かったのです。 私は、あなたが電話しないでほしいと言った日のつらい記憶とまだ一緒に生きています。守るべき私の兄弟姉妹との連絡が途絶えてから既に1年以上が経過していましたが、さらに、あなたとの連絡も途絶えてしまいました。あなたが電話を切った後、私が立ちつくしていたことを、今でも覚えています。頭が垂れ下がり、涙があふれ出てきました。私は不思議な悲しみに包まれていました。私の心は永久の別れの悲しみに占領されていました。 私は既に、弾圧が続いた結果として、兄(弟)のアブドゥレヒムが歓迎できない漢民族の家族によって奴隷扱いされていることを知っていました。彼らは政府の「二重親族」政策の下で「親族」として強制的に他人の家に送り込まれてきた露骨な詐欺師でした。(訳者注:中国政府は、ウイグル人家庭に、赤の他人の中国人を送り込み、「家族」として一緒に暮らすよう強制しています。)私はかつてあなたに尋ねました。「恥知らずなお客はまだいるのですか?」あなたは深くため息をついて何も言いませんでした。 私たちの祖国が1949年に共産党政権によって占領されて以来、中国政府は常に私たちの家族の威信と誇りを打ち壊そうとしてきました。彼らは私の祖父の馬と財産を没収し、私たちの素晴らしい中庭をつぶし、庭の楽園を破壊し続けました。あなたはその時、あなたが今回したようには反応しませんでした。今回、この邪悪と不名誉が私たちの家庭、私たちの家、最後の拠点に侵入して来ました。母よ、あなたを壊したのはこれなのでしょうか?私たちの勤勉で忍耐強い父があまりにも無力なために、あなたは失望したのでしょうか?私の姉妹が直面している虐待と、優しい兄(弟)のアブドゥレヒムを奴隷扱いする拷問が、あなたを絶望させたのでしょうか?あなたの無実の孫たちの運命が分からないことが、私との接触を遮断するほどあなたを怖がらせたのでしょうか?

コロナウイルスといくつかの疑問

情報源:http://iuyghur.com/?p=111187 翻訳者:Ilik チェック:Yasin 武漢から上海まで629 km.  武漢から北京まで1052 km.  武漢からミラノまで8700 km.  武漢からニューヨークまで12,000 km.  武漢からイタリアまで8670 km.  武漢からロンドン8880 km.  武漢からパリまで8900 km.  武漢から スペインまで9830 km.  武漢からインドまで3575 km.  武漢からイラン6560まで km. 疑問 …!コロナウイルスは武漢で検出され、現在世界中に広まっている。しかし、ウイルスが発見された武漢市は、中国の政治の首都である北京と、経済の首都である上海に最も近いが、ウイルスは2つの首都では、それほど感染者が発生しなかった。北京は、中国の国家主席、軍指導部、および中国を統治するすべての指導者の本拠地がある。北京市は中国のウイルスの影響をあまり受けていない、閉鎖もされていない。なぜなのか?上海市は、中国の経済を支配する経済首都である。上海は、生産と工場を管理する中国の富裕層が住んでいる。だからこの都市はウイルスの影響をあまり受けていない。コロナウイルスは感染しやすいか? 私たちは世界中でコロナウイルスが猛威を振るっていることを知っている。ここでこのような重要な疑問がでてくる。世界でも最も進んだ国がこのウイルスを封じ込めることができていない、中国よりも先進国や地域でパニックを引き起こしているのに、なぜ北京や上海に及ばないのか?一体なぜなのか?!!!北京と上海は武漢から近いが、ウイルスは武漢に隣接するこれらの2つの都市には広がらず、武漢から世界の隅々まで広がっている。なぜこれらの2つの都市に拡散しなかったのか?現在1億以上の人口を持つインドは、国を閉鎖し、経済が悪化しているが、中国の都市は閉鎖の方針を取りやめ、4月8 日には武漢市の封鎖も解除される予定である。今、世界は中国のテロに直面している。世界がパニック状態にある今、中国の生活は正常になっているが、なぜなのか?!!!もう1つの重要なことは、世界の株式市場の株価がほぼ半減していることである。インドの株式市場は12,000から7,000に下落したが、中国の株式市場は3,000から2,700 への低下と、中国の株式市場には影響はなかった。これらの事から導き出される結論として、コロナウイルスは中国の生物兵器ということである。

コロナウイルス:ウイグル活動家は中国で流行のウイグル自治区(東トルキスタン)の苦境に注目した

翻訳:Ilik チェック:Yasin  「新型コロナウイルスと戦うための厳しい政策に苦しんでいる中国人は、同様な政策が中国の少数民族に対して何年もの間実施されてきたことを認識すべきだ。」と亡命ウイグル人の人権活動家が訴えた。 刑務所に入れられたウイグル知識人イリハム・トフティ氏の娘ジュウェル・イリハム氏は、北京が行っている数千万人を封鎖するなどの政策を批判した。  しかし彼女は、このような弾圧がウイグル自治区(東トルキスタン)のウイグル人に対する認識を改め、中国の一般市民の間でより多くの共感をもたらすことを望んでいると述べた。  「ウイグル人だけが標的にされている訳ではないことを、中国の一般市民が認識しなければならない時が来た」と今週ジュネーブで人権活動家の会議に出席しているジュウェル氏はAFPに語った。 これまで何度も受賞している彼女の父は、分離・独立を扇動したとして2014年に終身刑を受けているが、この裁判は国際的にも批判されている。中国の一般市民が、権利が踏みにじられるのは「テロリスト」に対してだけではないことに気付いたのがこの時だったと彼女は言った。  「それは宗教に関するものでも、アイデンティティに関するものでもない」と彼女は語った。「これは人権に関するものである。」 中国共産党は、ウイグル自治区(東トルキスタン)の強制収容所に約100万人のウイグル人やその他のイスラム教徒の少数民族を収容したことで、国際的な非難に直面している。収容者は政治的教化と漢人社会への強制的な同化に苦しんでいると人権団体は主張している。 北京によると、その施設は職業訓練と中国語教育を通じた、テロとの闘いに必要な、「職業訓練センター」である。 COVID-19ウイルスの感染者は、12月の出現以来、25か国以上で75,000人以上にのぼっており、死亡者数が2,200人以上出たが、この拡大阻止のために、中国当局は思い切った手段をとった。 発生源である湖北省中央部と省都武漢の約5,600万人が、前代未聞の封鎖の対象となった。 当局は症状のある人を隔離するために戸別訪問を開始した。これまで北京はウイルスの爆発的な国際的な拡散を回避したと主張し、世界保健機関から称賛を受けている。 しかし人権活動家は、移動と表現の自由の両方に対する弾圧に警報を発し、また、封鎖状況で人々が食料と医薬品を得ることができるか疑問を呈した。 新しいことではない

グルチェクラ・ホジャ氏のマグニツキー人権賞授賞式でのスピーチ

情報源: https://uighurtimes.com/index.php/gulchehra-hojas-speech-at-the-magnitsky-human-rights-award-ceremony/   翻訳者:Oyxan チェック:Yasin –この賞の受賞と、また人権の侵害者に責任を負わせるマグニツキー法が制定されたことに深く感謝します。 –セルゲイ・マグニツキーが独裁者から人権侵害を受けたことに焦点を当てることによって、法の支配が及ばずに暴力に苦しむ多くの人々のために正義を求め、達成することが可能になりました。 –ビルさん、あなたがセルゲイの物語を語ったこと、国際的に人権を守るためにマグニツキー法を採用するように各国に働きかけ、成功させたことで、独裁的な政権に対する個人の力を示しました。 あなたの成功は、正義を求めたいと願う多くの人々を力づけ、必要な希望と信仰を与えました。 –加害者の海外資産を凍結し、旅行の自由を制限することで、あなたは彼らの立場を失わせ、彼らの行為を世界が嫌悪していることを示し、国際商取引ができないようにします。 –それはまさに、中国が何百万人ものウイグル人に対して犯している犯罪への対応として、最も必要としているものです。 少なくとも、世界は今日のウイグル地域の強制収容所という犯罪を犯している加害者との付き合いをやめるべきです。 加害者は、人権を侵害するか、国際貿易の利益を享受するか、どちらかを選択する必要があります。 ウイグル地域全体が、中国にとって数十億ドルの利益をもたらす、強制労働の地域となっています。 –あなた自身の母国で起こっている非常に多くの人権侵害を文書化する記者として、あなた自分が標的になるのは容易に起こります。 そして、独裁的な政権によって家族全員が強制収容所に連れて行かれ、沈黙するようにと脅されるなら、それは計り知れない苦しみとなるでしょう。それはあなたを押しつぶしてしまうかもしれません。

ウイグルと中国に関する月刊ニュース – 9月30日

まとめ:Boran チェック:Yasin ウイグルタイムズJP; 9月30日投稿   9月は日本メディアによって、ウイグルと中国に関するニュースが多く報告された。詳細は以下の通りである。   中国は永遠に民主化できない…天安門事件より深刻な事態に陥る可能性   現代ビジネス:「英国が最終的に香港返還を決断したのも、自由化・民主化が進むと考えたからであり、現在のように、毛沢東暗黒時代への回帰を目指す習近平政権では、香港返還などあり得なかったと断言していい。」 「中国が永遠に民主化できない」理由を巡って、国際投資アナリスト 大原 浩氏のアナライズを見てみよう。 リンク:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66818  2019年8月30日 ウイグルマンガ「私の身に起きたこと」 ワピピネット:清水ともみさん作のウイグルマンガ 第二弾「私の身に起きたこと」