ウイグルの組織

「東トルキスタン共和国独立記念日」の記念式典とデモを東京で開催

ウイグルタイムズ 11月12日投稿 作成者:Boran チェック:Yasin 1933年及び1944年の11月12日に、東トルキスタン共和国は独立を宣言した。1945年10月22日に、毎年11月12日を「建国記念日」及び「革命日」として制定した。残念ながら、東トルキスタンは1949年に中国により侵略され、独立国家を失い、中国の植民地となってしまった。東トルキスタンは現在、新疆ウイグル自治区と言う名の中華人民共和国の支配下のもとで、植民地化され苦しんでいる。70年間抑圧され、2019年の今も民族絶滅政策が強行されており、知識人を始めとした300百万人のウイグル人が「強制収容所」に入れられている。1933年〜1944年までのナチスドイツが設置した「強制収容所」の規模を超えているとも言われている。 全世界のウイグル人は、この日を記念日として記憶し、未来の民族自決のために全世界で記念式典が行われている。日本では日本ウイグル協会主催による記念の式典と、デモ行進が11月9日(土)に東京で行われた。記念式典の後、デモ隊は明治通りから渋谷駅前を経由し神宮通公園まで「中国共産党の反人類の罪」に反する声をあげた。 11月12日の当日には、数人のウイグル人の若者が、在日アメリカ大使館の前で、建国記念のデモを行い、米国上院のウイグル人権政策法案の通過に対し、感謝の気持ちを表した。 東トルキスタン共和国について: 東トルキスタン共和国国旗 東トルキスタン共和国国章 初代大統領ホージャ・ニヤーズ (خوجىنىياز ھاجى) 国旗の前に座る, 1933年