人々の動き

海外に住むウイグル人がホワイトハウスの前で北京の新疆政策対して抗議デモを行った

情報源:ボイス・オブ・アメリカ中国語https://www.voachinese.com/a/uyghur-rally-to-condemn-china-detention-policy-20181220/4709624.html   日本語翻訳:《ウイグルタイムズ》ボランティアーIlik 編集者:Boran ワシントン―アメリカの各地から数十人のウイグル人及び新疆 (東トルキスタン)の状況に関心を持つ人達が木曜日(12月20日)にホワイトハウスの前で集合し、新疆で行われている大規模拘禁政策に対して抗議デモを行った。ますます多くの人は現在東トルキスタンで行われている非人道的なことがすでに最悪の人道危機になったと思っている。 ワリス・アボライテ(Varis Abulilai) 氏がボストンから来てデモに参加した。 これはウイグルのため彼が初めて公開的に上げた声である。2日前、昨年から連絡ができなくなった家族達が新疆 (東トルキスタン) アトシ(Atush)の第5再教育キャンプに拘束されていることがフリーアジアテリビで実証された。 「これは私の家族、母親、父親、弟で、弟は非常に有名な歌手です。彼らは今、アトシの強制収容所にいます。 私は中国が大量殺戮をやめ、家族を解放し、ウイグル人を解放することを願っています。」と語るワリス・アボライテ氏。 ワリス・アボライテ氏のように、デモに参加したほとんどのウイグル人の家族達が現在中国共産党に拘留されている。