ウイグル問題

中国当局はホータンでウイグル人の子供たちを両親から強制的に引き離した

情報源:https://uighurtimes.com/index.php/chinese-authorities-forcefully-separating-uighur-children-from-their-parents-in-hotan-prefecture/ 翻訳:Ilik チェック:Yasin ウイグルタイムズが2020年4月22日に中国のソーシャルメディアであるTikTokとWechatから取得した情報によると、ホータンで強制寄宿制の幼稚園が導入されているということである。 TikTokのビデオクリップで、少女が服や家庭用品を準備し、涙を流しながら家を出ていく様子が映された。ビデオのコメントでは、彼女の6歳の妹が家を離れ、幼稚園に住むと書かれていた ビデオにつけられたコメントでは、「この強制システムは主に農村で実施されており、子供たちが週に一度だけ家に帰ることが許可されている」と書かれていた。 多くのコメントで、自分のことを自分ですることができない子供たちが家を離れることに非常にショックを受けていると書かれていた。 TikTokでビデオクリップが公開された後、いくつかのWechatグループチャットでもビデオが共有された。これによると、家族は毎週月曜日の朝に子供を幼稚園に連れて行き、土曜日の夜に家に連れ帰るよう求められている。 ある母親は、幼稚園の上級クラスに年長の子供とジュニアクラスに年少の子供がいること、そして子供たちはまだ小さい、彼らが排便/排尿した後の管理ができないという会話があったことも明らかにされた。教師は、服、紙、タオルを持参するように母親に求めているということである。 ホータンのカラカシュ県出身の母親は悲しみと無力感を語り、小さな子供がこれまで家を出たことがないこと、また、彼女がとても心を痛めていることを明らかにした。 チャットでは、子供たちが幼稚園に行かなかった場合、親は当局から絶え間なく詰問されるという、このシステムが強制的な性質であることも示された。 さらに、子供たちは4歳から5歳で漢民族の教師から授業を受け、毎日ラーメンと米しか食べられないため、食事にも飽きている。子供たちは教室のテーブルで昼寝をすることもある。以前東トルキスタン(新疆)の高校や中学校でも実施されてきたこのようなシステムは現在、幼稚園児にも導入されていることが明らかになってきた。 児童の権利に関する国際連合条約の第9条は、司法審査の対象となる管轄当局が次のように決定した場合を除き、州および当事者が自分の意志に反して子供を両親から引き離してはならないことを明確にしている。これに該当する法律と手続きは、子供の権利のために必要な分離措置であり、親による児童虐待や育児放棄を伴う場合や、親が別居していて子どもの居住地について決定を下さなければならない場合など、特定の場合に必要になることがある。 ハーバード大学の子供発達センターのセンター長であるJack Shonkoff(ジャック

ウイグルと中国に関する月刊ニュース _1月分後半

まとめ:Boran チェック:Yasin ウイグルタイムズJP; 令和2年2月16日投稿 1月前半は日本メディアによって、中国当局によって発禁処分になった伝説の歴史書「ウイグル人」の日本語版の出版、米下院がチベット人権法案を可決、中国によるウイグル人「弾圧」に対し米で対応批判のイベントが開催等、ウイグルと中国に関するニュースが多く報告された。また、武漢発の新型コロナウイルスは、世界的な拡大感染を招いたのは中国の独裁体制によるものであるという、批判の論調も多く発せられた。詳細は以下の通りである。 月刊ニュースは、日本メディアによって報告されたウイグルと中国に関するニュースのまとめのリンクを紹介しています。 徳島)ウイグル人への人権抑圧語る 徳島大で留学生講演 朝日新聞:中国・新疆ウイグル自治区出身の徳島大留学生、サウティ・モハメドさん(42)が13日、同大で講演会を開き、中国での少数民族に対する人権抑圧に注目するよう訴えた。サウティさんは2016年に来日。18年4月から同大総合科学部で学び、現在は大学院修士課程1年。詳細はリンクへ。 リンク:https://www.asahi.com/articles/ASN1G3HZWN1GPUTB003.html           2020年1月16日

コロナウイルスの恐怖の中、少なくとも99人の武漢住民をアルトゥシュ市で隔離中

情報源:https://www.rfa.org/english/news/uyghur/quarantine-02062020170637.html 翻訳者:Ilik チェック:Yasin 当局によると、ウイグル自治区(東トルキスタン)のアルトゥシュ市のホテルで、コロナウイルス(nCoV)の発生地である武漢から来た少なくとも99人が、感染の広がりを防ぐため隔離された。 1月23日に中国の国営メディアは、ウイグル自治区(東トルキスタン)での最初の感染者(以前武漢に旅行した2人の男性)が確認されたと報じ、1/31 (木)までに少なくとも36人が感染し、更にウイルスに関連した症状のある1,600人以上が検査中である。 ウイグル自治区(東トルキスタン)の医療スタッフを含むソーシャルメディア上での情報によると、人口1,100万人のこの都市への交通機関を先月閉鎖したが、封鎖以前に武漢の13,000人もの人々が、ウイグル自治区(東トルキスタン)に入ってきた可能性があるとしている。ラジオ・フリー・アジア(RFA)のウイグル語部門は、この数値については独自に確認することができなかった。 ウイグル自治区(東トルキスタン)の最高裁判所は先日、「噂の拡散」や「医療関係者に対する暴力」などの犯罪を犯した人々に対する厳しい処罰を含んだガイドラインを発行した。地方当局はRFAに対し、nCoVについてのことと、ウイグル自治区(東トルキスタン)での感染の広がりに関する情報は「国家秘密」と見なされ、公開できないと述べた。 しかし、RFAはウイグル自治区(東トルキスタン)のキジルス・キルギス自治州アルトゥシュ市の数人の職員に話を聞くことができた。匿名を条件に語られたことによると、少なくとも99人の武漢の住民が、市内の「ヤシン」というホテルで隔離され、さらに他のゲストハウスにも武漢の住民が隔離されている可能性がある。 市政府の職員は2/4(火)に「(武漢の住民が)「ヤシン」や「ミリバン」などのホテルに隔離されていると幹部が言っていた」と述べたが、隔離の時期についての詳細は提供されなかった。 「「ヤシン」は街の中心にあり、高さ10階以上のホテルである。」 RFAは、隔離を確認した「ヤシン」ホテルの警備員と話をしたが、そこに何人が収容されているのか分からないと語った。 「ここには空いている部屋はない。満室で、営業していないため開けることができない」と警備員は言った。 「隔離された人々でいっぱいで、人数は分からないが、医師に聞いてみることはできる。」 「ヤシン」の関係者は、ホテルを「隔離場」と呼び、「すべてが湖北省武漢市の市民である」と付け加えた。

武漢コロナウイルスは、中国政府が100万人以上のウイグル人を投獄している強制収容所がある新疆 (東トルキスタン)を襲った。その不潔な収容所で囚人は無防備な犠牲者になる。

情報源:https://www.insider.com/wuhan-coronavirus-xinjiang-uighur-squalid-detention-camps-2020-1?fbclid=IwAR3oJPLWQEMD52yiq1ybcFzBJIuKG2PukSj8J-SwgP97B8oOJRz–aaKmWE 翻訳:Ilik チェック:Yasin ラジオ・フリー・アジア(RFA)は、中国中央電視台(CCTV)の報告を引用し、1/23 (木) 現地時間午後6時に、47歳の男性Liと52歳の男性Guが感染したと報じた。 「当局は、この2人は最初の症例があった湖北省の武漢を訪れたと報告した」とRFAは述べた。 ウォール・ストリート・ジャーナルも保健機関の報告を引用し、新疆(東トルキスタン)でも発生したことを報じた。 この感染の拡大は非常に危険である。もしもウイルスが新疆(東トルキスタン)に広がった場合、強制収容所に拘束されている推定100万人のウイグル人が、非常に感染しやすい環境におかれる可能性がある。 ウイグル人はこの地域を東トルキスタンと呼ぶ。 元収容者の証言によると、強制収容所は不潔で、インフラが貧弱であり、囚人が満員になっていることから、病気や感染症の理想的な繁殖地といえる。 昨年の東トルキスタン国民覚醒運動活動家グループ(ETNAM)による調査で、このような強制収容所は地域全体に少なくとも465件ある。 プラスチック製のバケツをトイレとして使い、小さな部屋で順番に寝なければならない 新疆(東トルキスタン)北部のカラマイの強制収容所の元収容者であるOmir(オミル)は2018年に、他の45人と部屋を共有し、スペースがあまりないため交代で寝なければならなかったとBBCに語った。 2018年3月に強制収容所から脱出した元講師Sayragul Sauytbay

ウイグルと中国に関する月刊ニュース _12月分前半

まとめ:Boran チェック:Yasin ウイグルタイムズJP; 12月16日投稿   12月前半は日本のメディアで、ウイグル人権法案の可決等、ウイグルと中国に関するニュースが多く報告された。詳細は以下の通りである。   月刊ニュースは、日本メディアによって報告されたウイグルと中国に関するニュースのまとめのリンクを紹介しています。 白日の下にさらされた中国のウイグル強硬弾圧 Wedge Infinity:ニューヨーク・タイムズ紙は、中国共産党幹部から入手したらしい(もちろん入手元は安全上の理由から秘密だろう)大量の内部文書(全部で403頁、24文書が含まれていると言う)の内容を紹介する記事を11月16日に掲載した。その内容とは、中国共産党による新疆における大規模な弾圧に関するものである。中国共産党が、習近平総書記の指示の下で、大々的にウイグル人の拘束と弾圧を行なっていることを裏付けるものとなっている。詳細はリンクへ。 リンク:https://wedge.ismedia.jp/articles/-/17997?layout=b          2019年12月3日 香港、ウイグル対中非難決議で、習近平国賓訪日を潰せ  アゴラ:来年「桜の咲くころ」の中国習近平主席の国賓訪日に、反対の声が浮上している。香港の民主化デモ弾圧、ウイグル収容所での人権蹂躙を行っている中国の行為に対し、習氏の天皇陛下との謁見とそれに続く天皇陛下訪中でお墨付きを与えてもいいのかということだ。詳細はリンクへ。 リンク:http://agora-web.jp/archives/2042970.html         

故郷の危機からくるストレスに対する関西在住ウイグル人の試み

情報源:https://www.japantimes.co.jp/community/2019/11/28/issues/uighurs-kansai/ 通訳:Uyghur uxli チェック:Yasin 京都  ニューヨークタイムズは11月初め、中国の西部に位置する新疆のウイグル弾圧に関する中国共産党内部からの漏洩文書を入手した。 月曜日に、国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)は、現在「中国ケーブル」と呼ばれているものの一部とされる、より多くの政府文書を公開した。  これらの文書は、中国がイスラム過激派の鎮圧が目的と主張する大規模な「再教育」プロジェクトで、在外ウイグル人の家族が標的とされている、という報道を裏付けた。 中国政府は、これらの文書はでっち上げだと否定している。  現在、推定約3,000人のウイグル人が日本に住んでおり、その多くは日本に住む外国人コミュニティの一員となっている。 しかし、ここ数年、彼らと故郷の家族との接触がますます難しくなり、悲しみと孤独のあまり一部の人がうつ状態などに陥っている。 今年の初めに、大阪の小さなコミュニティセンターで、以下の8人の在日ウイグル人と面会した。面会は出席者全員が中国にいる家族を保護するために本名を明かさないことを条件として行った。 「中国当局は私たちを簡単に特定することができます。」とグループを代表して匿名を求める際に、「サミル」は私に説明した。 「そして、それは私たちの家族により多くの苦しみをもたらすでしょう。」  部屋のカーテンが降ろされた重々しい空気の中で、彼らはそれぞれが生まれ育った実家に「人権危機」が起こっている状況で、他国で生活していることの感情を共有し始めた。彼らの懸念の多くは類似しており、主なものは、新疆に住む親戚との接触が完全に切断されていることである。たとえ彼らが連絡を取り戻すことができたとしても、連絡には非常な緊張を伴うため、彼らは何が起こっているかについて詳細な説明を聞くことを恐れている。

学術分野におけるウイグル人の「反革命的」な教員の排除 ー 漏洩した音声ファイルの直訳

#ウイグル のある大学学長あるいは党主席と思われる人物が部下に対し、更に多くのウイグル人を捕まえるために通報を増やすよう求めた、会議の音声記録の日本語訳である。 通訳:Kansai terjime guruppisi チェック:Yasin 会議中に中国当局によって逮捕された大学長や教育局長の中で、執行猶予2年付きの死刑となっている新疆医科大学学長の #ハリムラティ 教授の罪について、この人物は「ハリムラティ教授が独立の #東トルキスタン 国家を作る協定をトルコと結んでおり、その計画の一環として学長になり、2030年に独立国家の大統領になるという、国家の分裂を図っていた。彼のこの国家分裂罪は、拘束された後に発覚したため、死刑判決になった」と述べており、何とも馬鹿げた罪を着せられたことがわかる。また、自治区 #共産党 副主席李鹏氏が当大学の前任の主席に対し「おまえらの学校で一人もいないのか、水がそんなに濁っているのか、一つの魚も釣れないのか」と学内でウイグル人の通報が少ないことについての不満を漏らしていた。 「元の記事」 https://uighurtimes.com/index.php/elimination-of-uyghur-counter-revolutionary-officials-in-the-academic-fields-exact-quotes-translated-from-a-leaked-audio-file/ 「音声和訳」  今回は20人ぐらい捕まった。新疆教育省で90人ぐらいが捕まっただろう。彼らは全員実刑判決を受ける。教育省だけでだよ。  新疆大学学長、新疆師範大学書記、医科大学学長、カシュガル大学学長、副学長、ホータン師範専科学院学長、副学長等は全員逮捕された。彼らは全員民族分裂主義者。  

ウイグルと中国に関する月刊ニュース _11月分後半

まとめ:Boran チェック:Yasin ウイグルタイムズJP; 12月2日投稿 11月後半は日本メディアによって、ウイグルと中国に関するニュースが多く報告された。ウイグル弾圧・強制収容所についての中国政府内部文書、香港人権・民主主義法案の成立など。詳細は以下の通りである。 月刊ニュースは、日本メディアによって報告されたウイグルと中国に関するニュースのまとめのリンクを紹介しています。 ウイグル人に「情け容赦は無用」、中国政府の内部リークで新事実明らかに 米報道 AFPBBニュース:中国・新疆ウイグル自治区(東トルキスタン)のウイグル人に対する弾圧の新たな事実が、中国政府関係者が米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)にリークした大量の内部文書によって明らかになった。NYタイムズが16日付の紙面で報じた文書によれば、習近平(Xi Jinping)国家主席はウイグル人の取り締まりに「情け容赦は無用」とハッパを掛けていた。詳細はリンクへ。 リンク:https://www.afpbb.com/articles/-/3255199       

中国の新疆(東トルキスタン)政策に対する前代未聞の国連批判:虐待に対する怒りの声が高まる

情報源:https://uighurtimes.com/index.php/unprecedented-un-critique-of-chinas-xinjiang-policies-growing-outrage-over-abuses/ 翻訳:Ilik チェック:Yasin 今月初め、十数人の国連専門家が中国政府のテロ対策法の前例のない破壊的な評価を発表した。彼らは、中国の西部地域である新疆(東トルキスタン)における基本的権利と自由への重大な侵害を正当化するために、この法律が使用されていると強調した。中国当局は、あいまいな国家安全保障上の理由で、少なくとも100万人のウイグル人とその他のテュルク系イスラム教徒を恣意的に拘留した。 この評価は、新疆(東トルキスタン)における非常に攻撃的な政策をカタログ化するだけではなく、例えば、中国政府が宗教的行事をテロリズムと見なすこと、正当な手続きを経ずに大量の人々を拘留すること、強制的な生体情報の収集などをあげている。国連の専門家の分析では、新疆(東トルキスタン)のイスラム教徒への弾圧を行う政府の正当化の核心は、「少数民族の権利の抑圧を中国当局が不均衡に強調することが、安全保障リスクを悪化させている」と警告している。専門家は、テロ対策法が国際人権基準を無視しているだけでなく、これらの政策の影響を受けた人(おそらくその下にあるすべての人)には、すぐに権利を回復させる必要があると結論付けた。専門家は「社会全体の社会的、経済的、政治的発展の基盤を深く侵食している」として、中国政府が人権を軽視していることを厳しく告発している。 この評価は、新疆(東トルキスタン)における中国の抑圧に対する、国際的な関心の高まりの最新の例である。世界を納得させようとする北京の努力にもかかわらず、7月の国連人権理事会と、10月の国連総会第三委員会では、新疆(東トルキスタン)での「強制収容所」が話題になっていた。20以上の国(日本含む)が中国のやり方に対し重大な懸念を表明し、国連人権高等弁務官ミシェル・バチェレの現地調査を要求した。中国は、北朝鮮、エジプト、ロシアを含む、悪名高い人権侵害国を動員し、この懸念への反論をした。 国連の専門家の評価は、新疆(東トルキスタン)における中国の虐待の詳細が明らかになり、国際的な怒りが高まっていくという、中国が困難な戦いに直面していることを示している。 また、人権を保護するための国連の仕組みは、批判を抑えるための北京の積極的な努力に後退する必要がないことも示している。

ウイグルと中国に関する月刊ニュース _11月分前半

まとめ:Boran チェック:Yasin ウイグルタイムズJP; 11月16日投稿 11月前半は日本メディアによって、ウイグルと中国に関するニュースが多く報告された。詳細は以下の通りである。 月刊ニュースは、日本メディアによって報告されたウイグルと中国に関するニュースのまとめのリンクを紹介しています。 香港デモ、ナイフ男が5人襲撃 区議は耳を噛みちぎられる BBCニュース: 激しく続く香港デモ。民主化デモが続く香港で2日、ナイフを手にした男がデモ会場のショッピングモールで市民を切りつけ、5人が負傷した。うち2人が重体となっている。事件があったのは太古地区のショッピングモール「シティープラザ」。男は通りがかりの男女と政治的な意見の相違で口論となった後、ナイフを取り出して切り付けたという。詳細はリンクへ。 リンク:https://www.bbc.com/japanese/50285248           2019年11月4日