民族浄化

中国当局はホータンでウイグル人の子供たちを両親から強制的に引き離した

情報源:https://uighurtimes.com/index.php/chinese-authorities-forcefully-separating-uighur-children-from-their-parents-in-hotan-prefecture/ 翻訳:Ilik チェック:Yasin ウイグルタイムズが2020年4月22日に中国のソーシャルメディアであるTikTokとWechatから取得した情報によると、ホータンで強制寄宿制の幼稚園が導入されているということである。 TikTokのビデオクリップで、少女が服や家庭用品を準備し、涙を流しながら家を出ていく様子が映された。ビデオのコメントでは、彼女の6歳の妹が家を離れ、幼稚園に住むと書かれていた ビデオにつけられたコメントでは、「この強制システムは主に農村で実施されており、子供たちが週に一度だけ家に帰ることが許可されている」と書かれていた。 多くのコメントで、自分のことを自分ですることができない子供たちが家を離れることに非常にショックを受けていると書かれていた。 TikTokでビデオクリップが公開された後、いくつかのWechatグループチャットでもビデオが共有された。これによると、家族は毎週月曜日の朝に子供を幼稚園に連れて行き、土曜日の夜に家に連れ帰るよう求められている。 ある母親は、幼稚園の上級クラスに年長の子供とジュニアクラスに年少の子供がいること、そして子供たちはまだ小さい、彼らが排便/排尿した後の管理ができないという会話があったことも明らかにされた。教師は、服、紙、タオルを持参するように母親に求めているということである。 ホータンのカラカシュ県出身の母親は悲しみと無力感を語り、小さな子供がこれまで家を出たことがないこと、また、彼女がとても心を痛めていることを明らかにした。 チャットでは、子供たちが幼稚園に行かなかった場合、親は当局から絶え間なく詰問されるという、このシステムが強制的な性質であることも示された。 さらに、子供たちは4歳から5歳で漢民族の教師から授業を受け、毎日ラーメンと米しか食べられないため、食事にも飽きている。子供たちは教室のテーブルで昼寝をすることもある。以前東トルキスタン(新疆)の高校や中学校でも実施されてきたこのようなシステムは現在、幼稚園児にも導入されていることが明らかになってきた。 児童の権利に関する国際連合条約の第9条は、司法審査の対象となる管轄当局が次のように決定した場合を除き、州および当事者が自分の意志に反して子供を両親から引き離してはならないことを明確にしている。これに該当する法律と手続きは、子供の権利のために必要な分離措置であり、親による児童虐待や育児放棄を伴う場合や、親が別居していて子どもの居住地について決定を下さなければならない場合など、特定の場合に必要になることがある。 ハーバード大学の子供発達センターのセンター長であるJack Shonkoff(ジャック

コロナウイルスの恐怖の中、少なくとも99人の武漢住民をアルトゥシュ市で隔離中

情報源:https://www.rfa.org/english/news/uyghur/quarantine-02062020170637.html 翻訳者:Ilik チェック:Yasin 当局によると、ウイグル自治区(東トルキスタン)のアルトゥシュ市のホテルで、コロナウイルス(nCoV)の発生地である武漢から来た少なくとも99人が、感染の広がりを防ぐため隔離された。 1月23日に中国の国営メディアは、ウイグル自治区(東トルキスタン)での最初の感染者(以前武漢に旅行した2人の男性)が確認されたと報じ、1/31 (木)までに少なくとも36人が感染し、更にウイルスに関連した症状のある1,600人以上が検査中である。 ウイグル自治区(東トルキスタン)の医療スタッフを含むソーシャルメディア上での情報によると、人口1,100万人のこの都市への交通機関を先月閉鎖したが、封鎖以前に武漢の13,000人もの人々が、ウイグル自治区(東トルキスタン)に入ってきた可能性があるとしている。ラジオ・フリー・アジア(RFA)のウイグル語部門は、この数値については独自に確認することができなかった。 ウイグル自治区(東トルキスタン)の最高裁判所は先日、「噂の拡散」や「医療関係者に対する暴力」などの犯罪を犯した人々に対する厳しい処罰を含んだガイドラインを発行した。地方当局はRFAに対し、nCoVについてのことと、ウイグル自治区(東トルキスタン)での感染の広がりに関する情報は「国家秘密」と見なされ、公開できないと述べた。 しかし、RFAはウイグル自治区(東トルキスタン)のキジルス・キルギス自治州アルトゥシュ市の数人の職員に話を聞くことができた。匿名を条件に語られたことによると、少なくとも99人の武漢の住民が、市内の「ヤシン」というホテルで隔離され、さらに他のゲストハウスにも武漢の住民が隔離されている可能性がある。 市政府の職員は2/4(火)に「(武漢の住民が)「ヤシン」や「ミリバン」などのホテルに隔離されていると幹部が言っていた」と述べたが、隔離の時期についての詳細は提供されなかった。 「「ヤシン」は街の中心にあり、高さ10階以上のホテルである。」 RFAは、隔離を確認した「ヤシン」ホテルの警備員と話をしたが、そこに何人が収容されているのか分からないと語った。 「ここには空いている部屋はない。満室で、営業していないため開けることができない」と警備員は言った。 「隔離された人々でいっぱいで、人数は分からないが、医師に聞いてみることはできる。」 「ヤシン」の関係者は、ホテルを「隔離場」と呼び、「すべてが湖北省武漢市の市民である」と付け加えた。

Ilham tohti (イリハム トフティ) 教授の投獄5周年を迎えた

原本:http://weiwuer.com/?p=987 日本語翻訳:《ウイグルタイムズ》ボランティアー Ilik 編集者:Kuk bure 今日はウイグル人の有名な学者であり、ウイグルのフリーダムファイターのIlham tohti教授は中国共産党によって投獄5周年を迎えた。ウイグルの公民権運動の主力人物の一人として知られるイリハム教授は、中華人民共和国憲法の範囲内で平和且つ合理的な方法で本民族(ウイグル人)の基本的権利を実現するために頑張って来た。彼はウイグル人の英雄だけでなく、更に世界中で平和、合理的で非暴力市民権運動の模範でもある。 イルハム教授は授業中に科学と真実を教えているとともに、イルハム教授はペンを使って、中国の各民族また世界に公正な民主主義を追求する民族の決意を示した。イルハム教授は優秀な教師だけでなく、家庭では優しい父親である。 彼はまた、社会に人性と友愛を無私の伝わる明るい光である。勇気と大胆不屈な精神は、イリハム教授に体現されたウイグル族共有の優れた品質である。真理を求める者として、公正さと正義を叫ぶ時代の先駆者であると信じて来たため、中国共産党の様々な誘惑または、生命に対する脅威さえもイルハム教授を後退させることはなかった。5年前の今日、邪悪な中国政府は無罪のイリハム教授を「国家分裂罪」で終身刑を宣告された。 共産党の統治下の暗い社会の中、イルハム教授は自分の自由を犠牲にし、弾圧されている数千万のウイグル人の自由に叫ぶ民族英雄である。 今日、「ウイグルタイムズ」はすべてのウイグル人の代表として、私達の最も熱心の願いを私達の兄弟、指導者そして民族英雄であるイリハム・トフティ教授に送る。彼の健康とできるだけ早く自由を取り戻すために祈る。イリハム教授の精神は、何千万のウイグル人による自由と正義の追求を表しているだけでなく、民主主義と平和を愛し、公正と正義を支持する世界中の人々の最も高尚な理想を体現した!イリハム教授がいつかノーベル平和賞を受賞することを願っている。これは彼の自由と民主主義のための戦いの精神への最も賛辞となるでしょう。 中国共産党の暗い統治下の東トルキスタンでは、数百から数千名のウイグル、カザフ族の学者はイルハム教授と同じく憲法上の権利を主張したため、投獄され、あるいは「再教育強制収容所」に入れられた。 私達はイルハム教授の運命に注意を払うよう世界に呼びかけながら、世界中の良心のある人々に、東トルキスタンで行方不明になっているウイグル族学者の現状に注意を払うように依頼する。国際社会に、ウイグル人の学者を含む300万人の無罪のウイグル人を無条件で釈放するように要請する! イルハム教授の大胆不敵な献身は、「ウイグルタイムズ」のすべてのメンバーとボランティアにつながれた。 今日、「ウイグルタイムズ」はイルハム教授のために声を上げ、世界中の読者に約束する:私たちは自由と正義を追求するイルハム教授の概念を進めて、ウイグル人の解放のため頑張る。

ウイグルの有名な学者は逮捕され、今まで連絡がなし

ニュース源:ジオ・フリー・アジア・中国語部 https://www.rfa.org/mandarin/yataibaodao/shaoshuminzu/nu-01042019102226.html 日本語翻訳:《ウイグルタイムズ》ボランティアー: Ilik      編集:Boran ウイグル人の著名なアラビア語教科書の専門家で、新疆 (東トルキスタン) カシュガル大学で長年教えてきたMutalip Sidikh Qahiriは、昨年9月の逮捕以来、連絡がなかった。これは、中国当局政府が近年、新疆 (東トルキスタン)のウイグル人学者を逮捕してきたことを示す強力な証拠である。 ラジオ・フリー・アジア・ウイグル語部は昨年11月22日、68歳のカシュガル大学の学者兼准教授Mutari Sidick Kahriが、ウイグル語と文化、そしてアラビア語教育について書いた本のことで昨年9月に中国当局によって逮捕されたと報じた。

人気のウイグルコメディアンの姿が突然消え、彼も抑留されていると思われている

ニュース源:自由アジアラジオ 日本語翻訳:Sultan(ボランティア)    編集:Boran RFAにソーシャルメディアの匿名レポート情報源によると、中国ウイグル自治区のウルムチで住んでいるウイグル人の喜劇コメディアンが当局の許可を取らずイスラム教徒の聖地メッカへ旅行したということを理由として逮捕され、現在3年間の刑務所任期が務められていることが明らかになった。  最近、トルコで住んでいる出演者の娘はRFAのウイグル・サービスのインタビューで語った情報によると、最後にお父さんから話を聞いたとき、彼52歳で、最近心臓手術から回復し、病院を出たばかりだった。  彼の娘(Adila)が「彼が退院してからもう1ヶ月が経ち、私は彼との連絡を失いました」と言われた。また、彼の娘が「お父さんの健康状態を心配しています、私はお父さんに何が起こったのかについての答えを得るために私に連絡することができる誰もいないので、何かを見つけることができればいいのに」と語った。彼女の父が仕事から解雇された後に病院で70日以上過ごしたところから連絡がなくなった。  RFAのコメントによる、Adil Mijitの元雇用主であるXinjiang Opera Troupeは彼の所在や運命に関する「明確な情報の欠如」を挙げて、この訴訟についてのコメントを控えた。 Adil Mijitの失踪の理由が2年間前中国当局の許可を取らずイスラム教徒の聖地メッカに行った巡礼に関連していると考えられている。Adil Mijitの失踪から中国共産党がウイグル人のイスラム信仰と文化的アイデンティティの表現を日常的に制限し、罰することが明らかになった。  XUAR(新疆ウイグル自治区)のウイグル人の間で広く人気のあるAdil Mijitは、かつて毎年何百ものショーを上演していた方です。

新疆ウイグル自治区再教育キャンプで強いられている強制労働者

ニュース源:自由アジアラジオhttps://www.rfa.org/mandarin/yataibaodao/shaoshuminzu/nu-12172018094409.html 翻訳者::Sultan(ボランティア) 編集者:Boran 公開日時:2018/12/30 中国政府が新疆ウイグル自治区で開かれた多くの強制収容所で、政治的な洗脳のため何百万のウイグル族と他族のイスラム教徒が拘留されたことが報道されている。最近、外国のメディアによると、収容所に拘束された収容者達が労働力として余儀なくされたことが明らかになった。 新疆ウイグル自治区で収容されている何百万のイスラム教徒に対して強制労働システムが出現しているという証拠が増えている。 メディアの報道や衛星画像、または新疆ウイグル自治区の公式文書によると、ますます多くの収容者が収容所またはその近くの新しい工場で働くことを強いられていることが明らかになっている。 米国「ニューヨークタイムズ」12月17日の報告によると、トルコ人研究者Mohamed Vulcan Kasikchiが、海外に逃亡した元拘束拘留者にインタビューをし、投獄された人々には強制的に無条件または低コスト労働者として労働させられていることを明らかにした。また、かれはこれに関する最新の情報を次々と受け取っている。 新疆ウイグル自治区から脱出しようとしているカザフ人を支援するカザフスタン人権団体Ata Jurtの創設者Serikzhan Bilash氏は、この数ヶ月の間に、強制収容所の拘留者達10人の親戚をインタビューし、「囚人」達が政治的教義を終えた後、強制的な労働が始められることを明らかにした。また、彼は「労働補償は非常に低い上で、労働条件も非常に悪い」と報告した。 報告によると、今年の3月に中国繊維工業会副会長孙瑞哲(Sun Ruizhe)が行った演説では、「収容所に拘禁されている人々が工場の労働力として強制的に労働される」という証拠が初めて登場したそうだ。孙瑞哲は「新疆ウイグル自治区は2018年から、主に3つのカテゴリーの貧困層とその家族から構成する10万人以上の労働者を繊維産業と衣料産業の労働力とする計画している」と語った。その後、新疆ウイグル自治区南部のカシュガル地方当局は、10万人の強制収容所「囚人」を工場に派遣する目標を指定した。また、年明けに、新疆ウイグル自治区のカシュガル地方の(莎车县)ヤレカン県の財政機関の財政予算表では、「収容所に拘束された人々は労働力として、雇用問題を解決すべき」と示唆された。

大量のウイグル人が密かに中国本土収容所へ移送された

  ニュース源:《寒冬》雑誌Bitter Winter 作者:Gu Qi & Li Zaili 日本語翻訳:《ウイグルタイムズ》ボランティアーKurash 編集者:Boran 公開日時:2018年12月24日 翻訳者注:中国共産党当局が国際組織の視察に対応するために大量の東トルキスタン人を密かに中国本土へ移送したニュースが出て二ヶ月後に、海外英国メディアの《寒冬》(Bitter Winter)雑誌が今日、その秘密移送計画の更なる詳細を世界に報道した。 本文: 中国共産党の内部関係者によると、陝西省、内モンゴル自治区、甘粛省、黒竜江省、そして他の省は既に東トルキスタンのウイグル人を密かに移送し拘留するよう手配されている。

東トルキスタンウイグルムスリム女子らの「結婚権利」は侵略国家である中国共産党政府に奪われている

情報源: ウイグルメデイア ナフィサ http://iuyghur.com/?p=8665   翻訳者:在日ウイグル人 umidwar 編集者:Boran 人間社会の中で、誰と結婚するという事は我々の基本的な権利である。しかし、東トルキスタンでは、中国共産党政権がウイグルムスリム女子らのその権利を奪って、漢民族の男生らと結婚するよう強制されている。 ウイグルムスリムと漢民族の結婚事例はほとんどなく、非常に珍しいことである。しかしながら2016年から中国共産党政府が東トルキスタンで行なってきた民族弾圧が一気に加速され、数多くのウイグル人族男生らが拘束された。一方、漢民族男性との結婚を宣伝する画像や動画がSNSなどで多く流れるようになっている。人生の中最も幸せであるはずの結婚日、自由意志でなく、仕方のない悲しい顔で涙を流しているウイグル女性達にとってこの日は最も悲しい日になっている。。。お祝いに来た他のウイグル族の顔からも同じく悲しい表情が見える。。。 現在、東トルキスタンで行われている強制的な「結婚」式は漢民族の文化そのもので、ウイグル文化の味は全くなく、中国共産党政権が言ういわゆる「幸せな結婚」は事実から遠く離れる。 外国に亡命したウイグル人らはこの現実を知り、とても心配した上で中国共産党政府を強く非難している。「共産党政府の目的は民族クレンジングであり、ウイグル文化をなくし、代わりに中華文化を宣伝すること」と国際社会に知らせようとしている。東トルキスタンで行われている民族弾圧、民族クレンジングは国際社会から注目されている。

「強制収容所」におけるウイグル族女性の個人的な経験(第1)

インタビュー時間: 2018年09月11日、2018年11月06日 発表時間: 2018年11月09日 情報源: トルコウイグル人権活動者アブドラヒマン・ハサン(Abdurahman Hasan)氏からのインタビュービデオ; トルコウイグルメディアIstiqlal TV<<沈黙の爆発>(Partilghan svkvt)プログラムでのインタビュービデオ。   日本語翻訳:ウイグル・タイムズ   国際メディアで東トルキスタンである「強制収容所」に関する報道がますます増えている。21世紀の「ナチスコンセントレーションキャンプ」と呼ばれるこの恐怖の真実は、世界中で受け入れられている。「強制収容所」から脱出に成功したわずかの人達は「収容所」の恐ろしさを世界に知らせているが、中国共産党によるニュースの封鎖で、世界はまだ「収容所」内の真実を知ることができていない。最近、カザフスタン国籍のウイグル人グリバハール・ミナホン(Gulbahar Minahun)氏は、1年3ヶ月の拘留経験を全世界のメディアに伝えた。