日本

ウイグルと中国に関する月刊ニュース _4月後半分

まとめ:Boran チェック:Yasin ウイグルタイムズJP; 令和3年5月15日投稿 4月後半は、英議会下院 新疆ウイグル自治区で「ジェノサイド」 決議採択、ウイグルの人権問題に強まる欧米各国の批判等、ウイグルと中国に関するニュースが日本メディアによっても多く報告された。詳細は以下の通りである。 月刊ニュースは、日本メディアによって報告されたウイグルと中国に関するニュースのまとめのリンクを紹介しています。 ウイグル問題で18日に福岡で講演会 産経新聞:福岡東映ホテル(福岡市中央区)で18日午後3時から、中国での人権問題をテーマに、講演会が催される。日本ウイグル連盟のトゥール・ムハメット会長らが中国、新疆(しんきょう)ウイグル自治区(※東トルキスタン)での人権弾圧をテーマに講演する。詳細はリンクへ。 リンク:https://www.sankei.com/region/news/210416/rgn2104160003-n1.html           2021年4月16日 日米共同声明、台湾問題「平和的解決促す」と明記…ウイグル人権抑圧「深刻な懸念共有」 読売新聞:米国訪問中の菅首相は16日午後(日本時間17日未明)、バイデン大統領とホワイトハウスで首脳会談を行った。両首脳は中国が軍事的圧力を強める台湾海峡の平和と安定を重視し、日米同盟の強化を急ぐ方針を確認した。会談後、両政府は合意事項を盛り込んだ共同声明を発表した。共同声明では台湾について、「日米両国は台湾海峡の平和と安定の重要性を強調するとともに、両岸問題の平和的解決を促す」と明記した。また、中国による香港や新疆ウイグル自治区(※東トルキスタン)の人権抑圧に対しては、「深刻な懸念を共有する」とした。詳細はリンクへ。 リンク:https://www.yomiuri.co.jp/politics/20210417-OYT1T50159/          2021年4月17日

ウイグルと中国に関する月刊ニュース _4月上半分

まとめ:Boran チェック:Yasin ウイグルタイムズJP; 令和3年4月24日投稿 4月上半は、ウイグル強制労働に関わる企業との取引停止、弾圧で親と引き離される子どもたち、茂木敏充外相 ウイグル人権「深刻懸念」と伝達等、ウイグルと中国に関するニュースが日本メディアによっても多く報告された。詳細は以下の通りである。 月刊ニュースは、日本メディアによって報告されたウイグルと中国に関するニュースのまとめのリンクを紹介しています。 在留カード国籍・地域欄に「ウイグル」を 地方議員が政令改正求める決議 産経BIZ:在日ウイグル人支援に取り組む地方議員有志による「全国地方議員の会」(会長・丸山治章神奈川県逗子市議)は31日、国会内で会合を開いた。中長期滞在する外国人に付与する「在留カード」の国籍・地域欄に、新疆(しんきょう)ウイグル(※東トルキスタン)、チベット、内モンゴルの各自治区と香港の記載を認めるように入管難民法の政令改正を求める決議を採択した。詳細はリンクへ。 リンク:https://www.sankeibiz.jp/macro/news/210401/mca2104010611010-n1.htm          2021年4月1日 新疆を脱出した子どもたち、中国に残る親と連絡取れず CNN:イスタンブール(CNN) もう5年近くも、ハッサンさんは家族と連絡を取っていない。そのうち彼らのことを忘れてしまうのではないかと恐れている。 父親の写真を1枚持っているが、過去の記憶は薄れるばかりだ。必死の思いで母親ときょうだいの顔を頭の中にとどめようとするものの、日を追うごとにそれは難しくなっていく。「家族の顔が分からなくなるのが怖い。自分の家族を思い出せないなんて、ぞっとする」。 ハッサンさんがいるのは、トルコ・イスタンブールにあるウイグルの人々のための寄宿学校だ。校内の自分の部屋で暮らし、家族と再会できる日を待っている。夢は故郷のホータンに帰ること。11歳のとき、父親に中国最西部の新彊から連れ出されたが、当時はまだ幼く、何が起きているのか分からなかった。詳細はリンクへ。 リンク:https://www.cnn.co.jp/world/35168682.html         

ウイグルと中国に関する月刊ニュース _3月分

まとめ:Boran チェック:Yasin ウイグルタイムズJP; 令和3年4月17日投稿 3月は、EU、ウイグル人権問題で30年ぶり対中制裁決定、バイデン政権初の人権報告書 中国が「ウイグルで大量虐殺」、日本ウイグル協会など在日ウイグル人が国会議員、地方議員や政府にウイグル調査と対中制裁を要請など、ウイグルと中国に関するニュースが日本メディアによっても多く報告された。詳細は以下の通りである。 月刊ニュースは、日本メディアによって報告されたウイグルと中国に関するニュースのまとめのリンクを紹介しています。 日本ウイグル協会が”日本でできること”を訴え「ウイグルのことを少しでも知ったら…」 ABEMA TIMES:27日深夜、『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(ABEMA)が放送され、日本ウイグル協会の協会員たちが中国で起きているウイグル人への弾圧について「日本でできること」を訴えた。  この日は「中国政府による民族大虐殺 ウイグル人の証言」と題して、ゲストに日本ウイグル協会の人物を招き、中国で起きていると言われているウイグル人への弾圧について特集をした。  協会では現在、街頭演説やビラ配りといった活動をしており、まずはこの問題を知らない人々への周知、そして人権問題を重視する国会議員たちへの働きかけへも行っているそうで、協会の理事であるハリマト・ローズ氏は「ウイグルのことを少しでも知ったら、隣の人に知らせてほしい」と呼び掛けた。詳細はリンクへ。 リンク:https://times.abema.tv/news-article/8648430           2021年3月1日

文化交流イベント「ウイグル支援者の集い2019」が゙東京で゙開催

ウイグルタイムズ 12月16日投稿 作成者:Boran チェック:Yasin 12月14日(土)、NPO法人 日本ウイグル協会が主催した文化交流イベント「ウイグル支援者の集い2019」が゙東京文京区で゙開催された。 本イベントは、ウイグルに関心を持っている、ウイグルを支援している支援者の皆様に感謝の気持ちを込めて、ウイグル料理やウイグルの民族音楽など、ウイグル文化に触れながら交流を深めることが目的で行われ、約170人が参加した。 最初に、日本ウイグル協会の会長であるイリハム氏が、ウイグルを支援している日本人の方々を紹介し、謝意を表した。次に、参加者がウイグル料理を食べながら懇談している間に、ウイグルの飲食・刺繍文化及びウイグルに関する書籍の紹介が行われた。また、ウイグル楽器での演奏が行われた。 その後、ウイグルの現状や最近リークされた内部秘密文章などについて、日本ウイグル協会の副会長であるアフメット氏から講演が行われた。また、日本人の支援者の方々から、厳しい弾圧の実態を日本国内で大きく取り上げる方法や、習近平が国賓として来日することは日本の恥であることを日本社会に知らせることについてなどスピーチがあった。メディア、書籍、漫画などを有効活用し、ウイグル人が直面している21世紀最大の強制収容所、人権弾圧、ジェノサイドの実態を日本社会に知らせることについても述べられた。 自由な交流の中で、参加者は懇談し、ウイグル文化を楽しみ、写真の撮影や、ウイグル人からは感謝の言葉をかけられていた。   ウイグルタイムズ