人気のウイグルコメディアンの姿が突然消え、彼も抑留されていると思われている

ニュース源:自由アジアラジオ

日本語翻訳:Sultan(ボランティア)

   編集:Boran

RFAにソーシャルメディアの匿名レポート情報源によると、中国ウイグル自治区のウルムチで住んでいるウイグル人の喜劇コメディアンが当局の許可を取らずイスラム教徒の聖地メッカへ旅行したということを理由として逮捕され、現在3年間の刑務所任期が務められていることが明らかになった。

 最近、トルコで住んでいる出演者の娘はRFAのウイグル・サービスのインタビューで語った情報によると、最後にお父さんから話を聞いたとき、彼52歳で、最近心臓手術から回復し、病院を出たばかりだった。

 彼の娘(Adila)が「彼が退院してからもう1ヶ月が経ち、私は彼との連絡を失いました」と言われた。また、彼の娘が「お父さんの健康状態を心配しています、私はお父さんに何が起こったのかについての答えを得るために私に連絡することができる誰もいないので、何かを見つけることができればいいのに」と語った。彼女の父が仕事から解雇された後に病院で70日以上過ごしたところから連絡がなくなった。

 RFAのコメントによる、Adil Mijitの元雇用主であるXinjiang Opera Troupeは彼の所在や運命に関する「明確な情報の欠如」を挙げて、この訴訟についてのコメントを控えた。

Adil Mijitの失踪の理由が2年間前中国当局の許可を取らずイスラム教徒の聖地メッカに行った巡礼に関連していると考えられている。Adil Mijitの失踪から中国共産党がウイグル人のイスラム信仰と文化的アイデンティティの表現を日常的に制限し、罰することが明らかになった。

 XUAR(新疆ウイグル自治区)のウイグル人の間で広く人気のあるAdil Mijitは、かつて毎年何百ものショーを上演していた方です。

 キャンプのネットワーク

ここ数カ月で多くの著名な知識人がXUAR(新疆ウイグル自治区)に姿を消した。当局がウイグル人を拘束した政治的再教育キャンプで開催されたと考えられている。また、2017年4月以降、中国共産党は他のイスラム教徒の少数民族が地域全体的に「強い宗教的見解」と「政治的に不正確な」考えを抱いていると非難した。

 亡命コミュニティの情報源によると、この傾向は、中国共産党が「最知識があるウイグル人を排除しようと試みることによって文化的大虐殺を犯している」ことを示している。

最初北京は再教育キャンプの存在を否定した。新疆政府の会長、ショーラットザキル氏、10月に中国の新華社通信に、この施設は国をテロから守り、ウイグル人に職業訓練を提供するための効果的な手段であると語った。

RFAのウイグルサービスと他のメディア組織の報告による、収容所にいる人々は彼らの意志に反して拘禁され、政治的教義に服され、監督者の手で日常的に乱暴な扱いに直面し、そしてしばしば過密な施設では貧弱な食事と不衛生的な条件に耐えることが示した。

 ドイツに拠点を置くヨーロッパ文化神学校の社会調査方法の講師であるAdrian Zenz氏は、次のように、約110万人が収容所に収容されているし、これはXUAR(新疆ウイグル自治区)の成人イスラム教徒人口の10〜11パーセントに相当すると述べていた。

 米国国務省民主局人権労働局副次官補であるスコット・バスビー氏は、  一方、「少なくとも80万人、場合によっては最大で数百万人まで」のウイグル人やその他がXUAR(新疆ウイグル自治区)の再教育キャンプで起訴されずに拘禁されていると述べた。

米国の国会議員、中国の超党議会執行委員会の委員長であるMarco Rubio氏とChris Smith氏が、最近XUAR(新疆ウイグル自治区)の状況が「今日、世界の少数民族の最大の集団投獄」と呼ばれた。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *