米国学者:中国共産党はウイグル族の知識人を拘留し、民族の柱は閉じ込められている

ニュース源:RFA

日本語翻訳:《ウイグルタイムズ》ボランティアーKurash

編集者:Kukbore

白道仁(Darren Byler)は、米国シアトルのワシントン大学で人類学の講師を務めています。 ウイグル人を長期に研究した学者として、彼は現地調査のために17年間で何度も東トルキスタンを訪れ、2年以上その地域に住んでいました。 お正月の初日に、彼は2016年以来拘留されてきた100人以上のウイグル人知識人をリストアップした名簿をツイッターに投稿しました。彼はそれらの少なくても二三十人を知っています。本通信記者家傲は木曜日に白道仁にインタビューし、この名簿の裏にあるストーリーを理解できました。

記者:あなたはなぜこの名簿をツイッターに投稿した?

白道仁:実はこの名簿はしばらく前からインターネットで広まっており、これを作ったのは私の2人の友人で、一人はワシントンDCに住んでいるウイグルの詩人・映画製作者のTahir Hamutです。もう 一人は学者のRune Steenberg Reyheです。 彼らは昨年11月にリストを作成し、ヨーロッパの当局者とそれを共有することを計画していました。そのようなことが起こっていることを皆に知らせたいので、私はこの名簿を公開することにしました。私は名簿の多くの人を知っています。

記者:あなたはこの人たちとどのような関係がありましたか?

白道仁:私は東トルキスタン現地考察中に、彼らの多くは私の近くにいました。コンサルタントの役割を果たしている人もいれば、東トルキスタンの文化が受けている変化について私に紹介してくれた人も大勢いますし、ウイグル語を教えてくれた人もいました。私は彼らに手伝って、ウイグル語の出版物を翻訳してあげました。これらの人々の背景はかなり多様で、私がこの名簿で最もよく知っている人はRahile Dawutかもしれない。彼女は逮捕前に東トルキスタン大学(新疆大学)の民俗学の教授だった。

記者:あなたと彼女の関係について話してもらえますか? あなたの理解によると、彼女に何が起こったのですか?

白道仁:私は2014年にRahileと知り合った。彼女は大学の東トルキスタン民俗文化研究センターの所長でした。当時、私は彼女のところに行って、活動に参加したりして、このように彼女と知り合った。一緒に食事をしたり、研究トピックを彼女に紹介したりすることに加えて、ほとんどの場合、彼女の学術研究について私に話してくれました。つまり、彼女は伝統的な信仰に興味を持っている人を考察に東トルキスタン南部を訪問した方であり、シャーマニズムやイスラム教に興味のある人でした。

Rahileは2017年12月に逮捕され、1年以上経ちました。彼女がどのような法律を違反したのか私たちは今だにわからない。しかし、彼女が調査中である兆候があります。私は最近、彼女が現在ウルムチの拘禁施設で拘禁されていることを知りました。いずれにせよ、私は彼女が厳しい刑を宣告される可能性が高いと思います。逮捕されたウイグル人知識人の多くは、「両面人」と呼ばれていました。私が思うには、「両面人」というのはおそらくパブリックな場場所では愛党愛国の振れをするが、でもお互いウイグル語で交流し、そして中国の現状にあまり満足できない人たちのこと言います。

記者:「再教育キャンプ」に現在拘留されているウイグル人の大部分は、農民、運転手、ビジネスマンなど普通のウイグル人であると多くの人が信じています。しかし、名簿に載っているのは知識人である。あなたの意見では、これらの知識人の拘留は当局の管理にどのような助けをもたらしましたか?

白道仁:当局はこれらの知識人を逮捕したのはほかの人たちに警告するためである。この名簿に載っている人々のほとんどは共産党員であり、政府はそれらをウイグル人の民族リーダーとみなしており、それらはまた民族全体の惑わすイニシエータと見なされています。

名簿に載っている多くの人々は「再教育キャンプ」に入っておらず、国を分割しようとした罪や過激主義などの罪を付けられ、直接刑務所に入った。彼らの罪は通常非常にあいまいであり、彼らが犯した罪を判断することは困難です。

結局、当局はウイグル族のコミュニティで有力な人物をクリアしていると同時に、より従順な人々がそれらを引き継ぐことにしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *