トランプ大統領が迫害を受けた宗教グループの代表と面会した

ウイグルタイムズ

情報源:http://weiwuer.com/?p=1082

通訳者:Ilik

編集者:Yasin

 トランプ米大統領が2019年7月17日(水)に中国、トルコ、北朝鮮、イランとミャンマーで迫害を受けた、さまざまな宗教グループの代表とホワイトハウスで面会した。

 米大統領執務室に招かれた27人には、中国政府から迫害を受けた4人も含まれていた。その4人は:中国で終身刑を受けているウイグル人学者イルハム・トフティ氏の娘ジュウェル・イルハム氏、法輪功学習者の张玉华氏(zhang yuhua)、チベット仏教徒ニマラム氏、キリスト教徒の欧阳满平氏(Ouyang Manping)である。

 2014年からジュウェル・イルハム氏の父親イルハム・トフティ氏は、分離・独立を扇動したとして、中国で終身刑を受けている。このことは当時から、アメリカおよび国際人権団体によって非難されていた。イルハム・トフティ氏は経済学の教授であり、ウイグルの人権擁護者でもある。

 国連人権理事会 (U.N. Human Rights Council) の22の加盟国が今月、東トルキスタンのウイグル人への迫害を止めるよう中国に要請した。国連の専門家や活動家は、少なくとも100万人のウイグル人が東トルキスタンの強制収容所に収容されていることを報告している。

 トランプ政権は、陳全国を含む、東トルキスタンにおける中国当局者に対しての制裁を検討してきたが、中国の報復を怖れトランプ政権は行動を起こさなかった。

 中国外務省の陸慷報道官は18日の記者会見で、ホワイトハウスでの宗教グループ代表者との面談を非難した。中国には「いわゆる宗教的迫害などはない」と主張した上で、「中国の宗教に関する政策と自由の状況を正しく扱い、宗教を中国の内政に干渉する口実として使うことをやめるよう米国に促す」と述べた。

これに対して、トランプの宗教自由大使、サム・ブラウンバック(Sam Brownback)は水曜日の会見で、政府が木曜日の国務院会議で宗教の自由に関する「追加の措置」を発表すると述べた。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *