ウイグルアカデミー 中国発表の「新疆」の歴史問題に関する白書に対する声明

情報源 :
https://www.facebook.com/uyghuracademy/?__tn__=kC-R&eid=ARDgKtbf_Y5TSPlTGpHjAHGsJ3jvczTqvUl32lF_bwBoA1oxP0xFe5gxmZh_MFHi7EGJfslKu1zWtibG&hc_ref=ARQ7UQp8bTYEYq4qSDLUk8zkgJxferKnhSLZ7R4JGEdrFYYfpFJU0P0Z-Hx1XtP8iqY&fref=nf

通訳者 : iletmish

編集者:Yasin

中国共産党が2019年7月21に発表した新疆(しんきょう)ウイグル自治区の歴史問題に関する白書は、東トルキスタンに関する史実を歪曲したものに過ぎない。

 東トルキスタンは中国当局が主張している、中国の「不可分の領土」ではない。この土地はテュルク系民族が代々暮らしてきた土地である。匈奴、突厥、中国の歴史書で「丁零」と記載されたウイグル人の祖先は、紀元前からこの土地で暮らしてきた。清の時代、1884年に侵略され、この地域は新しい領土という意味の「新疆」を名付けられた。要するに、東トルキスタンは侵略されたウイグル及び他のテュルク系民族の土地である。

 東トルキスタンという名称は歴史的呼称で、19世紀にロシア帝国がトルキスタンの西部を侵略し、東の部分が東トルキスタンと呼ばれ始めた。その後1933年に「東トルキスタンイスラム共和国」、1944年に「東トルキスタン共和国」という名で国を打ち立てた。前者の共和国政権は、中国とロシアの連携により崩壊させられた。後者「東トルキスタン共和国」は、中国共産党による侵略の後に解散した。「東トルキスタン共和国」の軍隊が1950年まで存在したのは、独立国家としての法的証拠である。

 ウイグル人は中国当局の主張のような「長期にわたる移動と融合により生まれた民族」ではない。ウイグル人は東トルキスタンの原住の民である。中国共産党政権に侵略される以前、ウイグル人の人口は全地域の人口の80%を占め、漢人は5%に過ぎなかった。中国共産党によって行われた移住政策と同化政策で、東トルキスタンの人口構成は漢人が激増することになった。このような人口構成は受け入れられない。1949年以降中国当局の提唱による移住者は、帰還しなければならない。

 ウイグル文化は、中国当局が主張するような「中華文化の一員」ではない。ウイグル文化は、独自の言語、宗教、歴史、哲学思想等を有する優れた独自の文化である。

 東トルキスタンのウイグル人は1000年前から、イスラム教を信仰してきた。今現在、東トルキスタンのウイグル人は全員ムスリムである。

 史実や事実に反する、政治や支配を目的とした中国当局の主張は受け入れられない。ウイグルアカデミーは東トルキスタンに関する中国当局の主張を認めない。

ウイグルアカデミー、2019年7月22日。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *