中国は2022年のオリンピックを開催する前に収容所を閉鎖すべきだ

以上のキャンペーンにサインお願いいたします。

翻訳者 :Boran

編集者:Yasin、Palwan

中国は西部地域で人道に対する罪を犯しながら、北京での2022年冬季オリンピックに備えている。

ウイグル人は主に中国西部に住んでいるテュルク系ムスリムの民族で、中国の意図的な政策によって、文化的アイデンティティの危機に直面している。

現在、この地域には少なくとも数百ヶ所の強制収容所があり、1200万人のウイグル人と他のテュルク系ムスリムは、「思想の転向」のために恣意的に拘束されている。これらの被拘束者は、中国共産党に忠誠を誓うことと、宗教的信念、母国語の使用及び生き方を放棄することを余儀なくされている。

オリンピックの精神は、スポーツによって基本的な道徳の原則を尊重し、人類の尊厳と平和な社会を守り、人類の発展を促進することである。

また、オリンピックの開催を申請するためには、オリンピック憲章を遵守し、国際オリンピック委員会の承認を得る必要がある。しかし、現在、中国政府の行動はオリンピック憲章の基準を満たしていない。

中国が2022年冬季オリンピックの開催を望むならば、我々は国際オリンピック委員会(IOC)に、ウイグル人に対する中国の政策を確実に止めるため努力するよう呼びかける。数百ヶ所の強制収容所を閉鎖しなければならない。

IOCが2020年東京夏季オリンピック開催の前に緊急の行動を行い、「大虐殺のないオリンピックが2022年に開催されることを確実にする」ための行動を起こすよう、この嘆願書に署名をお願い致します。

ソース

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *