沈痛な記念 《ヤルカンド大虐殺》

情報源:http://weiwuer.com/?p=1102

翻訳者:Ilik

編集者:Yasin

中国は東トルキスタンに侵略して以来、迫害、抑圧をしてきた。ヤルカンド県エリシク鎮での大虐殺は中国政府が東トルキスタンで行った抑圧の残酷さの現れである。

大虐殺は2014年07月28日、ラマダン月の28日目に行われた。警察は2000人以上の罪のない人々を銃殺した。なぜ2000人が集められたのか、どのような精神で彼らは躊躇せずに銃弾を込めたのか。侵略者たちは、侵略以来ずっと「土地だけが必要、人はいらない」という非人間的(反人道的)政策を実行し、ウイグル人の心に怒りを引き起こしていた。ウルムチでの7.5事件での虐殺の惨劇に加え、民衆に対して不公平で理不尽で一方的に、侵略政府と漢人の利益となる極端な政策を取ることで、ウイグル人の怒りを重ねて来た。大虐殺の前にもヤルカンドでは、人々を激怒させるいくつかの事件が起こっていた。

ラマダンが始まったばかりの時期に、重大な交通事故が発生した。ヤルカンド県でビジネスをしている漢人の妻が、飲酒運転で5人の命を奪った (2人の妊婦と胎児、15歳の男の子)。また、その数日前には、ヤルカンド県ベシケント鎮で、7歳の少年と71歳の老人を含む一家族が警察によって射殺された。民衆はそのために、現地政府に対して公平に、正当な権利と利益を保護するように求めたが、何の結果も得られなかった。それどころか、暴力、脅迫、逮捕などの強硬な対応を受けたのである。さらに7月27日に、タラウェ(ラマダーン月間に行う特別なお祈り)のために集まっていたヘジャブを着けていた女性達が拘束された。このような不公正に耐えられない人々が、彼女らの釈放を求めるために警察署に集まった。釈放を拒否した警察と民衆の間でトラブルが起こり、そして警察は丸腰の人々を虐殺した。これはウルムチの7.5事件の再現であり、ウイグル人は再び残酷な抑制を受けたのである。

21歳のアバベクリ・ケリム(Ababekri Kerim)は、VPN (バーチャルプライベートネットワーク)を使って、この事件を国際社会に公開した。しかし、数日後、中国政府は彼を逮捕し、非人道的な拷問、残忍な残虐行為を行い、テレビで罪を認めさせた。彼は虚偽のニュースを発表したとして、懲役9年の判決を受けた。

侵略方針は今でも続いており、政府はますます狂気に陥っている。300万人以上の東トルキスタンの人々は強制収容所に入れされている(臓器摘出、強姦、未知の薬物の使用、生物学的実験の実施など)。 

殉教者の英雄的な精神は永遠に続くであろう! ウイグル人の独立への希望と自由の追求はまだまだ続く、私たちウイグル人はこの道で独立、自由と平和を手に入れるまで頑張っていく。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *