15カ国外交官が陳氏に東トルキスタンの人権問題を説明するように会談を要請している

15カ国外交官が陳氏に東トルキスタンの人権問題を説明するように会談を要請している   原本:路透社ニュース(転載)https://boxun.com/news/gb/intl/2018/11/201811161212.shtml 日本語翻訳者:Kuk bure, Yasimen 編集者:Boran 2016年8月、陳氏は東トルキスタンの党秘書役を務め、2年足らずで、「過激主義を排除し、テロリストを撲滅する」という名で、東トルキスタンに巨大な「教育キャンプ」が設立し、数百万の地元のウイグル族やその他のトルコ系のイスラム教徒が拘禁された。それ以来、東トルキスタンの地元ウイグル人の人権は真剣に踏みとめられ、現在、ウイグル族の残酷な遭遇は、さまざまな国々で広範な懸念を引き起こしている。   ロイター通信によると、15カ国の在中外交官は、最近陳氏に書簡を送り、東トルキスタンのウイグル人権侵害の問題について説明してもらうように、ウイグル人の権利が踏みとどまる状況について話してもらうに、会談を要請した。米国は、陳氏及び東トルキスタンの人権を踏みにじる疑いのある関係者に制裁を課すことを検討していると述べた。外交官は、東トルキスタンの現状について懸念を表明し、現地状況についてもっと知りたいと思い、できるだけ早く陳と会談することを希望した。書簡が陳氏に送られたかどうか未知であり、現在、多くの国が参加することが望ましく、各国の外交官が送付され、サイン頂くように要請中である。しかし、敏感な問題であるために、外交官は手紙の特定の内容を開示するのを嫌っている。 陳氏に送った書簡は、「東トルキスタン非漢民族、特にウイグル族の状況に関する報告書に深く惑わされている」と述べ、「状況をより良く理解するため、できるだけ早くあなたに会いたい。 外交官は英国、フランス、ドイツ、オランダ、オーストリア、スイス、アイルランド、スウェーデン、ベルギー、ノルウェー、フィンランド、デンマーク、欧州連合(EU)の代表を務め、中国外務省含め、公安省、CPC中央委員会にも郵送される予定である。   米国は15カ国の合同文書には参加しなかったが、在中アメリカ大使館の発言者は、ロイター通信とのインタビューで、「米国は、これらの逆効果的な政策を終結させ、恣意的に拘留されているすべての人を解放するよう中国に引き続き呼び掛けている。 我々は、東トルキスタンにいる職員に対する措置を含め、人権を侵害して踏みにじる人々のための説明責任メカニズムを促進することに全力を注いでいる」と述べた。米国は、陳総統の国民、その他の当局者、東トルキスタンの人権を踏みにじる疑いのある企業に制裁を課すことを検討していると述べた。

中国は欧州の政策を真似しウイグル人のイスラム教徒を抑圧している

原本:BUSSINESS INSIDER (UK) https://www.businessinsider.com.au/china-tries-to-cite-islamophobia-to-export-model-of-muslim-repression-2018-11 作者:Alexandra Ma 発表時間:2018年11月17日 日本語翻訳者:Kuk bure, Yasimen   東トルキスタンのウイグル人に対する中国政府の迫害が増えている。今年初め、中国当局者はパリ、ベルギーがイスラムテロの広がりを制御することを例え、ヨーロッパがテロ攻撃のイスラム過激派の広がりをコントロールするのに “失敗”したことを証明しようとしている。 中国の作戦はイスラム教に対してヨーロッパの憎しみを引き起こすことである。グローバルメディアは、イスラム教徒を抑圧する中国共産党の政策に注目し続けている。北京当局は新疆のウイグル人に対する前例のない摘発を行っている。ウイグル族は東トルキスタンの主なイスラム教徒である。多くのウイグル族はこの地域を東トルキスタンと呼び、ウイグル族はその土地を綿密に監視している。報告によると、「再教育収容所」には600万人もの人々が集まっており、その多くは心理的、精神的に拷問を受けている。北京当局はウイグルへの弾圧は反テロの一つの対策としてし、又、「キャンプ」を「無料の職業訓練センター」と呼び、目的は、地元の人々の生活が「カラフル」になるようにすることですと主張している。国際機関は、これらの反人間行為を止めるよう中国政府に要請している。しかし、北京は外界の批判を無視するだけでなく、中国の指導力に従うようにしている。ここ数週間、中国は、新疆政策を守るために、欧州イスラムのテロ攻撃を引用する公式のメディア声明と論説を使用している。 中国:おそらく、ヨーロッパは私たちから学ぶべきです。

「強制収容所」におけるウイグル族女性の個人的な経験(第1)

インタビュー時間: 2018年09月11日、2018年11月06日 発表時間: 2018年11月09日 情報源: トルコウイグル人権活動者アブドラヒマン・ハサン(Abdurahman Hasan)氏からのインタビュービデオ; トルコウイグルメディアIstiqlal TV<<沈黙の爆発>(Partilghan svkvt)プログラムでのインタビュービデオ。   日本語翻訳:ウイグル・タイムズ   国際メディアで東トルキスタンである「強制収容所」に関する報道がますます増えている。21世紀の「ナチスコンセントレーションキャンプ」と呼ばれるこの恐怖の真実は、世界中で受け入れられている。「強制収容所」から脱出に成功したわずかの人達は「収容所」の恐ろしさを世界に知らせているが、中国共産党によるニュースの封鎖で、世界はまだ「収容所」内の真実を知ることができていない。最近、カザフスタン国籍のウイグル人グリバハール・ミナホン(Gulbahar Minahun)氏は、1年3ヶ月の拘留経験を全世界のメディアに伝えた。

少なくとも50万人のウイグル族の子供たちが強制的引き取られ、強制的に漢化されている

少なくとも50万人のウイグル族の子供たちが強制的引き取られ、強制的に漢化されている ウイグル・タイムズ独占ニュース 発表時間:2018年11月18日 両親が「再教育キャンプ」に送られた、中国共産党による犯行で殺害された、又は中国共産党の迫害により海外に亡命しているウイグル族の子どもたち約50万人が中国共産党から引き取られている。この子供たちは収容所でウイグル語やウイグル文化から完全に隔離され、漢民族の文化や習慣を受け入れられ、「漢服を着る、中国語しか話さない、漢族の習慣を受けるおよび共産党を賞賛する」等共産主義のイデオロギーを強制的に受け入れられている。 「再教育キャンプ」に入れられた親たちの親戚が子供たちの子育てにサポートすることを望んでも、中国共産党は両親以外の親族が子供たちの親権を得ることを禁じている。一方、内陸(ウイグルから遠く離れている)の漢民族が養子にしたい場合のみは唯一の例外である。 以上のことから、中国共産党のいわゆる「愛の養子縁組」の本質は、ウイグル族に対する徹底的な同化政策であることが分かる。 家庭教育と親のケアが強制的に奪われたウイグル族の子供たちは、ウイグル族の文化を失い、「自分の民族は漢である」と共産党によって訓練されている被害者である。中国共産党の強制的に同化政策はウイグル族の生存に大きく影響している。国際社会が直ちに注意を払い、中国政府の大量虐殺を止めるために最大限に努力すべきである。     翻訳者:Ilik 編集者:Boran  

国連ジュネーヴ事務局(国際連合欧州本部)前で中国共産党政権に対し抗議デモが行われた

国連ジュネーヴ事務局(国際連合欧州本部)前で中国共産党政権に対し抗議デモが行われた RFAラジオ(ボランティア記者アキラム)   2018年11月6日にスイスのジュネーヴ市にアメリカ州、ヨーロッパ州、オーストラリア州及びアジア州等の22カ国からおよそ数千人のウイグル人達が集まって、国連ヨーロッパ本部(国連ジュネーブ事務局)の前で中国共産党政権に対し抗議行動を行った。 今回の抗議デモは「世界ウイグル会議」によって企画され、ウイグル以外にチベット、中国民主主義者、モンゴル、カザフ、ベトナムの方々、また、ジュネーヴからの複数の人権団体代表者及び世界各地から来た約100人の外国人も参加した。 国連ジュネーブ事務局の前に青地に白い三日月と五角星を配した国旗がひらひらと揚げられ、中国共産党政権に対し抗議の声が響いた。 11月6日から国連の中国人権査察会が始まった。中国共産党政権に対して世界ウイグル会議により企画されたこの抗議デモも同日に行われた。 世界の各国から来たデモ参加者達は午前9時に国連人権理事会の事務ビルであるウエールソンセンター前に集合し、約二時間にわたって中国共産党政権に対して抗議デモを行ない、11時から国連ジュネーブ事務局に向かった。 デモ参加者達が国連ジュネーブ事務局前に集まった後、世界ウイグル会議総裁ドルクン・エイサ氏が今回の抗議デモの目的と歴史的な意義について演説した。我々(RFAラジオ)が現場での一部のウイグル人達を取材した。取材の内容は下にチャンネルからお聞き頂ける。 https://www.rfa.org/uyghur/xewerler/kishilik-hoquq/jenwe-namayish-11062018110919.html   翻訳者:在日ウイグル人 umidwar 在日ウイグル人 A・Türkistan   原本:https://www.rfa.org/uyghur/xewerler/kishilik-hoquq/jenwe-namayish-11062018110919.html

中国政府により不当拘束されているたウイグル知識人リスト

1. Halmurat Hupur (新疆医科大学元校長、新疆ウイグル自治区食品和药物管理局局长、博士)。 2.Abbas Assat (新疆医科大学教師、博士)。 3.Nurmamat (新疆医科大学ウイグル伝統医学部の担当者)。 4.Anwar Tohti (新疆医科大学ウイグル伝統医学部の教師)。 Alim Pattar (新疆医科大学教師、博士)。

中国共産党のウイグル人に対した九つ嘘

中国共産党のウイグル人に対した九つ嘘 《ウイグルと中国のメデイア戦争》に関する教材(31番目の作品) タイル イミン ウイグルィアン (Tahir Imin Uighurian)     (ウイグルメデイアで報告進み) 中国共産党は大切な政治重要性、強大な天然資源地、国際社会にも影響している国である東トルキスタンの土地を無理やリ盗む為に所有権が所属しているウイグル人を東トルキスタンから亡くする目的で九つの嘘を言い出して漢民族、ウイグル族あと国際社会に嘘つく為に頑張って来ました。 中国共産党は九つの嘘を実現にする為に偽広告、偽研究、偽教育、国民を金で雇って、もし共産党に反対の意見出した国民を刑務所に入れて、重体罰で殺して、なくするような方法でやって来ました。 一番目の嘘:東トルキスタン又はウイグルィスタン(新疆又は西域)は元の歴史から中国に所属土地だ。 事実は:東トルキスタンは中国に所属土地ではないです!ウイグル族と周辺の兄弟民族が作られた、一時歴史期間以外は独立な国として建築されてきた土地です!

中国のウイグル族弾圧、国外居住者も対象に

By Eva Dou 2018 年 9 月 4 日 15:27 JST 更新  【北京】新疆ウイグル自治区でイスラム教徒の少数民族ウイグル族の身柄拘束を急拡大している中国政府が国外にも目を向け、ウイグル族グループが反政府活動に参加していないかを調べている。 政府は海外に住むウイグル族に対し、1年以上前から、現地での活動に関する報告を提出するよう要求。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が取材したところ、イスラム教徒が多くを占めるウイグル族同士で監視し合い、情報を共有するようにも求めていることが確認できた。中にはパスポートの更新が却下され、中国へ強制的に帰国させるために片道分だけの渡航許可証を提供された人もいる。  多くの場合、政府は自治区内に残っている家族の身柄を拘束し、収容センターに送ると脅迫しているという。米国務省の推計によれば、収容センターには数十万人が拘束されている。

新疆ウイグルの収容所は「民族浄化を隠す場所」国内外に広がる弾圧

第二次世界大戦以来、少数民族に対する最大規模の収容所と形容される、中国共産党による新疆ウイグル自治区の収容所。大紀元は、出所者やその家族から、所内での経験を聞いた。実名で海外メディアに収容所内の実情を明かす男性は最近、行方不明となっていた父親(78)が収容所内で死亡したとの知らせを受けた。国内の家族を脅し、国外にいるウイグル族の口を封じる狙いがある。 2007年、新疆ウイグル自治区トルファンからカナダのカルガリーに移住したラビヤ・ムハンマドさんは、2018年2月から4カ月間、母親(65)が拘留されたと述べた。母親は4年半前、娘と孫に会いにカナダを訪問した。 「きっと彼ら(中共当局)は母の海外旅行を知って、母親を連れて行ったのです」。母親の姉(70)と弟も拘束されているという。母親の弟は、自宅にいたところ、頭に黒い袋をかぶせられ連行された。 新疆カシュガル生まれの米国博士タヒル・イミン(38)さんは大紀元に対して、中国共産党は海外に渡航するものを「社会の脅威」と捉えていると語った。「海外渡航者に中国共産党の過ちを知られてしまうと考えているからだ」 イミンさんによると、拘留された人々のための刑事裁判は開かれることなく、どのような「容疑」なのかも当局から説明はない。罪も刑期も分からない。また、異議を申し立てることも、代理人である弁護人を立てることも許可されないという。 アムネスティ・インターナショナルの東アジア担当ニコラス・ベケリン代表は、中国当局が大量に人々を拘留するのは「洗脳・拷問・罰」のためだと分析する。「海外にいる家族に、次はお前の番だ、と脅すこともできる。中国当局の意向ですべてが決まることを強調している」。中国共産党は海外旅行者を「社会への脅威」と見なしていると語った。 実名で広く新疆ウイグル自治区における収容所の内部について海外メディアに告発した、入所経験のあるカザフスタン籍のオミール・ベクリさん(42)によると、ウイグル人は看守の命令に背けば、5つの刑罰と拷問を受ける。 英インディペンデント誌2018年5月の報道によると、べクリさんは2017年3月に新疆の両親を訪問したところ拘束された。カザフの外交官が同年夏、べクリさんと面会した。10月、ベクリさんは解放された。 べクリさんによると、収容所での睡眠時間は一日わずか3時間。ベクリさんら収容者は、食事の前に、壁に向かって共産党を称える歌を3曲歌うことを強いられる。曲目は「共産党がなければ新しい中国はな??い」「社会主義は素晴らしい」「祖国に捧げる」など。それぞれの歌詞には共産党を礼賛し、共産党が国民を救い導いているという内容が含まれている。 べクリさんによると、歌わなければ罰を受ける。「共産党を称える歌を歌わなければ酷く殴られる。壁に向かって立たせられ、24時間睡眠と食事はない」。もし再び歌うことを拒否すれば、固い板に手足を縛り座らされ、食べ物も与えられず、寝させない。 次は「動物のように鎖で繋がられる」という罰だ。畳2畳、3平方メートル程度の真っ暗な極小の部屋に閉じ込められる。 これが終わると、灼熱の太陽の真下で、下着以外は裸になって、熱せられたセメント板の上に立つ。新疆ウイグル自治区は夏季、地方により40度以上の高温になる。「太陽の熱で足は焼けるようになる」が、これは冬季も同様のことをさせられる。例えばウルムチの12~2月の平均気温はマイナス10度になる。 そして「(看守の)目に入るあらゆるもので激しく叩かれる」「最後に両手を縛られ吊るされる」 ほかにも、不潔で悪臭漂う腐った水のなかに1日~5日間、首から下を浸けられる水責めにもあった。「5日以上浸かっていると、多くの人は死んでいく」とべクリさんは述べた。苦痛が長引くように、小さなパン切れを口に入れられていたという。 べクリさんによると、ウイグル族の男性たちは毎日、性欲を除去する薬の服用を指示されていた。「自分が何をしているのか分からなくなるような、人を狂わせる薬だった」。べクリさんは毎日出される薬を舌の裏に隠し、水を飲むふりをして吐き出していた。「だから私は生き残れた」