ウイグル問題

なぜShohrat Zakirは東トルキスタンの「大収容所」で拘束されているウイグル人数について言及しないのか

原本:http://www.iuhrdf.org/ug/?p=8834 http://www.iuhrdf.org/content/why-didnt-shohrat-zakir-mention-numbers-uighurs-are-being-held-“large-internment-camp”-east 日本語翻訳:《ウイグルタイムズ》ボランティアーBoran 火曜日, 01/08/2019 – 12:54 – ラビア・カーディル:なぜShohrat Zakirは東トルキスタンの「大収容所」で拘束されているウイグル人数について言及しないのか。   事前に「飾った」3つの強制収容所を少数の海外記者や政府関係者に見せることで、中国政府は再び共産党の人道的犯罪を隠そうとしている。東トルキスタンで1200ヵ所以上の強制収容所があることが明らかになっているが、なぜ共産党は3つしか見せなかったのか。訪問者はなぜ行きたい収容所に行けないのか。なぜいわゆる「学生達」との自由会話は許可されなかったか。何故ならばいわゆる「職業訓練センター」は学校ではなく、強制収容所だから。「職業訓練」されているのではなく、文化的ジェノサイドが行われているからだ。「思想が解放」されているのではなく、民族浄化が行われているからだ。 強制収容所についてもっとも深刻な問題は収容所内の悪い生活状況、「学生」達に対し多種の拷問、脅威である。強制収に購入されていることが漏れた手錠や電気棒は誰に、どのように使われているのか。拘束されているお年寄り、女性及び子供達はどのような状況でいるのか。病気になった場合、治療を受けているのか。収容所で亡くなったウイグル人の遺体はどこにあるのか。遺体は家族に返還されたのか。伝統的な埋葬は許可されているのか。これらこそが検査の要点のはずだったが、残念ながら、これらの懸念について何も知ることができなかった。なぜなら、中の「学生」達ぎこちなく微笑んでいるのを感じることができるとしても、中国当局は「学校」を非常によく「飾った」からだ。   Shohrat Zakirは傀儡指導者であり、強制収容所の「学生」達の数を教えることはできなかった。なぜできないのか。傀儡指導者であるため、中国当局の指示に従うしかできず、同民族であるウイグル人族の中何人が強制収容所にいるのかを知る権利が無いからだ。数さえしらないのに、強制収容所について語る資格があるのか。答えは「彼も強制収容所の囚人のように自由がなく、中国当局の指示の通りしか報告できないため」である。

「再教育強制収容所」の検査チームに対処するために、中国当局は東トルキスタンで様々な幻想を作成し始めている

ニュース源:自由アジアラジオ(2018/12/7) https://www.rfa.org/uyghur/xewerler/siyaset/lager-12072018185456.html 中国語翻訳:ウイグル・タイムズ/中国語部  http://weiwuer.com/?p=927 日本語翻訳:ウイグル・タイムズ/日本語部  ボランティア: Kuk bure, Yasimen 編集者:Boran 12月7日に報じられた米国ラジオフリーアジアラジオウイグル局によると、CCPの東トルキスタン当局は、「再教育強制収容所」を目的とした様々な改革を積極的に展開し始めた。「再教育強制収容所」を訪問する可能性がある検査チームに対処するため、「人権行動」の幻想と「平和で満足に住んでいて働いている地元住民」という誤った場面を作るためである。現時点では、どのメディアやグループも検査チームに関する特定の情報を公表していない。     中国当局は、将来の国際人権団体調査チームを欺くために、新疆(東トルキスタン)のAksu(アクス)市のAwat(アワティ)地区にある「再教育強制収容所」フェンスワイヤーフェンスとカメラの一部を改装し始めた。同時に、情報筋によると、アワティ郡の2番目の「再教育転換センター」に当初拘束されていた5,700人のうち2,700人が、アワティ郡の1番目と3番目の「再教育転換センター」に移された。   資料によると、「Aksu市のAwat地区の2番目の再教育移転センター」となった「再教育強制収容所」は、将来調査に来るかもしれない検査チームに会うために改造されている。調査当局の質問に答えると、中国当局は地元住民に「口径を統一する」よう指示し始めた。 「あなたの郡には再教育強制収容所はいくつありますか」という質問に地元の住民が答えるよう求められたときは、統一された方法で「1つだけ」と答えるべきだ。   「Aksu市のAwat地区第2再教育変革センター」は、検査チームを欺くために変革されている「再教育強制収容所」である。資料によると、「強制収容所」の周囲の壁に配置された金網は部分的に解体されており、セル内の一部のカメラとセルウィンドウの外側の鉄製の手すりも削除されている。

新疆ウイグル自治区再教育キャンプで強いられている強制労働者

ニュース源:自由アジアラジオhttps://www.rfa.org/mandarin/yataibaodao/shaoshuminzu/nu-12172018094409.html 翻訳者::Sultan(ボランティア) 編集者:Boran 公開日時:2018/12/30 中国政府が新疆ウイグル自治区で開かれた多くの強制収容所で、政治的な洗脳のため何百万のウイグル族と他族のイスラム教徒が拘留されたことが報道されている。最近、外国のメディアによると、収容所に拘束された収容者達が労働力として余儀なくされたことが明らかになった。 新疆ウイグル自治区で収容されている何百万のイスラム教徒に対して強制労働システムが出現しているという証拠が増えている。 メディアの報道や衛星画像、または新疆ウイグル自治区の公式文書によると、ますます多くの収容者が収容所またはその近くの新しい工場で働くことを強いられていることが明らかになっている。 米国「ニューヨークタイムズ」12月17日の報告によると、トルコ人研究者Mohamed Vulcan Kasikchiが、海外に逃亡した元拘束拘留者にインタビューをし、投獄された人々には強制的に無条件または低コスト労働者として労働させられていることを明らかにした。また、かれはこれに関する最新の情報を次々と受け取っている。 新疆ウイグル自治区から脱出しようとしているカザフ人を支援するカザフスタン人権団体Ata Jurtの創設者Serikzhan Bilash氏は、この数ヶ月の間に、強制収容所の拘留者達10人の親戚をインタビューし、「囚人」達が政治的教義を終えた後、強制的な労働が始められることを明らかにした。また、彼は「労働補償は非常に低い上で、労働条件も非常に悪い」と報告した。 報告によると、今年の3月に中国繊維工業会副会長孙瑞哲(Sun Ruizhe)が行った演説では、「収容所に拘禁されている人々が工場の労働力として強制的に労働される」という証拠が初めて登場したそうだ。孙瑞哲は「新疆ウイグル自治区は2018年から、主に3つのカテゴリーの貧困層とその家族から構成する10万人以上の労働者を繊維産業と衣料産業の労働力とする計画している」と語った。その後、新疆ウイグル自治区南部のカシュガル地方当局は、10万人の強制収容所「囚人」を工場に派遣する目標を指定した。また、年明けに、新疆ウイグル自治区のカシュガル地方の(莎车县)ヤレカン県の財政機関の財政予算表では、「収容所に拘束された人々は労働力として、雇用問題を解決すべき」と示唆された。

大量のウイグル人が密かに中国本土収容所へ移送された

  ニュース源:《寒冬》雑誌Bitter Winter 作者:Gu Qi & Li Zaili 日本語翻訳:《ウイグルタイムズ》ボランティアーKurash 編集者:Boran 公開日時:2018年12月24日 翻訳者注:中国共産党当局が国際組織の視察に対応するために大量の東トルキスタン人を密かに中国本土へ移送したニュースが出て二ヶ月後に、海外英国メディアの《寒冬》(Bitter Winter)雑誌が今日、その秘密移送計画の更なる詳細を世界に報道した。 本文: 中国共産党の内部関係者によると、陝西省、内モンゴル自治区、甘粛省、黒竜江省、そして他の省は既に東トルキスタンのウイグル人を密かに移送し拘留するよう手配されている。

中国共産党の影にいるウイグル人

原本ビデオ:Sigal Samuel, Video by  The Atlantic https://www.theatlantic.com/video/index/576706/uighurs/?utm_source=fbb&fbclid=IwAR1WoKnPZmTa_9fsPLmp5BkiUCbc2BiVN-PHwQ2yXbiA7OhRzsCjuvgqaDY 翻訳者:Kok Bore 編集者:Boran 本文: 100万人以上の無実な東トルキスタン人は中国共産党政府による「キャンプ」に拘留されている。一定数のウイグル人は過去数十年間海外留学し、一部の人が仕事のため米国に来て、一部のウイグル人が中国共産党の迫害から逃れ米国に亡命した。しかし、米国の様なこの世界の中最も強大な民主国家でいても、ウイグル人はまだ安定な生活ができない。 中国共産党の手が米国に亡命したウイグル人まで伸びている。ウェイチャット通じて(中国で良く使われているSNS、WeChat)中国共産党情報部門が彼らの親族を脅威し、米国に亡命しているウイグル人を東トルキスタンの政治問題に対し沈黙を保とうとしている。一部米国のウイグル人は沈黙を打ち砕いて、中国共産党の彼らに対する脅威と迫害を全世界に暴き出している。 「ウイグルタイムズ」メディアの創始者、米国亡命ウイグル活動家Tahir Imin Uighurianが沈黙を打ち砕いたウイグル人の一人である。Tahir氏は2017年8月中国共産党の追跡を逃れ米国に来た。しかし、命賭けに海外亡命し、家族と親愛の娘を残して亡命することはTahir氏にとっては非常に厳しい決断だった。Tahir氏は言った:「米国で暮らしているが、未だに生活は恐怖の中です」。。。。

国際社会の圧力に対し新疆 (東トルキスタン)「再教育キャンプ」(強制収容所)は学校に変化されている

原本:https://www.rfa.org/mandarin/yataibaodao/shaoshuminzu/ql2-11262018094419.html 翻訳者:Kok Bore 編集者:Boran ビデオ:中国政府が新疆地区のトルコ系ムスリム人にシステム的に人権侵害行動を実施している。新疆地区に住んでいるトルコ系ムスリムの人々を強制的に政治思考変えさせられている。   1ヶ月前、新疆当局は数十万人のムスリムを他県に移し、また、グルジャのyengi bulaq kanitiなどの地域で数百人を釈放した。最近、新疆”巩留”県の第2中学が復元されて、収容されていた人々が黒いフードを被され、他の所に移された。海外のカザフ人人権組織によると、”巩留”県の漢民族の幹部がムスリムの人を捕獲するのを拒否し結果、彼がキャンプに連れ行かれた。 カザフスタン人権組織アタヨルト青年支援組織(Atajury)が今週月曜日に(11月26日)公表したニュースによると、新疆巩留県当局が国際社会圧力で県第2中学をキャンプから学校を正式に戻した。 当組織責任者サルクジャン・ビラシ氏によると、11月16日、17日に、イリカザフ自治州巩留県(政府)突然命令を下し、キャンプの中の一部のカザフ人を釈放し、一部のカザフ人を黒いフードを被せ他の所に移された。巩留県第2中学は2年前にキャンプに改造され(ひと昔報道された)、16日に突然の命令で再び原来の姿に戻された。元中学、高校の一部の学生たちは巩留県第2中学に安堵した。 ラジオフリーアジアが報道した通り、巩留県第2中学、第3中学、巩留県立病院、県立技術学院、トコス県高級中学及びバルコンカザフ自治県イシビトコ郷、新源県元野菜マーケットなど。元アルタイ市輸血ステーションも再教育キャンプに改造された。その後、いくつかの国際メディア記者が新疆にたくさんの再教育キャンプが存在していることを確認できた。これらのキャンプには100万人以上のムスリムが収容されている。 サルクジャンさんは「巩留県第2中学は当局によって刑務所に改造された時、フェンスに有刺鉄線を追加されたが、現在はすべて解体された。刑務所に改造された後、学校が7、8メートルのフェンスに囲まれて、毎2メートルに360度の監視カメラが設置された。正面玄関の前に完全武装した人がいたが、現在は全部取り消された。巩留県の関係者は国際検査機関が来るからキャンプを学校に戻したと公開的に言っていた」と語ってくれた。 本社記者が月曜日に巩留県政府と県教育局に電話したが、電話に出る人がいなかった。巩留県第2中学の男性は電話にでたが、内容を確認しようとする記者だと気づいて、電話を切ってしまった。 漢族郷長が村の捕まる人数に足さないと刑務所に収容された。

中国はウイグル自治区を訪問しようとするドイツ人権代表団の要請を拒否した

原本:South China Morning Post 2018年12月5日 https://m.scmp.com/news/china/diplomacy/article/2176508/china-rejects-german-human-rights-delegations-request-visit   翻訳者:Ilik 編集者:Boran ドイツ外務省によると、中国政府は「再教育収容所」の現状を調査するため調査申請(ウイグル自治区 = 東トルキスタン)をしたドイツ人権代表団の申請を拒否した。   ドイツの人権委員会委員ベーベル・コフラー氏(Barvel Kofler)は、この要求について述べた:「これは、木曜日と金曜日にラサ(Lhasa)で開催されるドイツ・中国人権対話準備の一環だった」。

アメリカ国会議員はイリハム.トホテイ博士を2019年度ノベル平和賞候補者として提案しようしている

2018年10月28日 タリムオトカン(ウイグルメデイア) 2018年10月26日、前日(25日)誕生日であったイリハム.トホテイ博士が現在中国の刑務所で終身刑のままであることを発表し、イリハム.トホテイ博士を早速解放するように呼びかけた。 発表内容は以下の通りである: 「昨日49歳になったイリハム.トホテイ博士(ウイグル族)は、中国政府により「独立主義者」という罪で終身刑のまま、中国の刑務所にいる。イリハム.トホテイ博士は中国とウイグルの間の政治問題を解決するためによく頑張ってきた方である。また、彼は中国政府が東トルキスタンで行っている民族弾圧を非難してきた。イリハム.トホテイ博士を早速解放すべきだ」。 CECCはまた:「イリハム.トホテイ博士最近の誕生記念日において、アメリカ副大臣キリスミスとマルコ.ルビオ二人がイリハム.トホテイ博士を2019年度ノベル平和賞候補者として提案することで一致した。また、各国の議員が同じ対策をとるよう呼びかけている」と発表した。   翻訳者:Umidwar 原本:http://iuyghur.com/?p=8124    

東トルキスタンウイグルムスリム女子らの「結婚権利」は侵略国家である中国共産党政府に奪われている

情報源: ウイグルメデイア ナフィサ http://iuyghur.com/?p=8665   翻訳者:在日ウイグル人 umidwar 編集者:Boran 人間社会の中で、誰と結婚するという事は我々の基本的な権利である。しかし、東トルキスタンでは、中国共産党政権がウイグルムスリム女子らのその権利を奪って、漢民族の男生らと結婚するよう強制されている。 ウイグルムスリムと漢民族の結婚事例はほとんどなく、非常に珍しいことである。しかしながら2016年から中国共産党政府が東トルキスタンで行なってきた民族弾圧が一気に加速され、数多くのウイグル人族男生らが拘束された。一方、漢民族男性との結婚を宣伝する画像や動画がSNSなどで多く流れるようになっている。人生の中最も幸せであるはずの結婚日、自由意志でなく、仕方のない悲しい顔で涙を流しているウイグル女性達にとってこの日は最も悲しい日になっている。。。お祝いに来た他のウイグル族の顔からも同じく悲しい表情が見える。。。 現在、東トルキスタンで行われている強制的な「結婚」式は漢民族の文化そのもので、ウイグル文化の味は全くなく、中国共産党政権が言ういわゆる「幸せな結婚」は事実から遠く離れる。 外国に亡命したウイグル人らはこの現実を知り、とても心配した上で中国共産党政府を強く非難している。「共産党政府の目的は民族クレンジングであり、ウイグル文化をなくし、代わりに中華文化を宣伝すること」と国際社会に知らせようとしている。東トルキスタンで行われている民族弾圧、民族クレンジングは国際社会から注目されている。