ウイグル問題

中国のウイグル族弾圧、国外居住者も対象に

By Eva Dou 2018 年 9 月 4 日 15:27 JST 更新  【北京】新疆ウイグル自治区でイスラム教徒の少数民族ウイグル族の身柄拘束を急拡大している中国政府が国外にも目を向け、ウイグル族グループが反政府活動に参加していないかを調べている。 政府は海外に住むウイグル族に対し、1年以上前から、現地での活動に関する報告を提出するよう要求。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が取材したところ、イスラム教徒が多くを占めるウイグル族同士で監視し合い、情報を共有するようにも求めていることが確認できた。中にはパスポートの更新が却下され、中国へ強制的に帰国させるために片道分だけの渡航許可証を提供された人もいる。  多くの場合、政府は自治区内に残っている家族の身柄を拘束し、収容センターに送ると脅迫しているという。米国務省の推計によれば、収容センターには数十万人が拘束されている。

新疆ウイグルの収容所は「民族浄化を隠す場所」国内外に広がる弾圧

第二次世界大戦以来、少数民族に対する最大規模の収容所と形容される、中国共産党による新疆ウイグル自治区の収容所。大紀元は、出所者やその家族から、所内での経験を聞いた。実名で海外メディアに収容所内の実情を明かす男性は最近、行方不明となっていた父親(78)が収容所内で死亡したとの知らせを受けた。国内の家族を脅し、国外にいるウイグル族の口を封じる狙いがある。 2007年、新疆ウイグル自治区トルファンからカナダのカルガリーに移住したラビヤ・ムハンマドさんは、2018年2月から4カ月間、母親(65)が拘留されたと述べた。母親は4年半前、娘と孫に会いにカナダを訪問した。 「きっと彼ら(中共当局)は母の海外旅行を知って、母親を連れて行ったのです」。母親の姉(70)と弟も拘束されているという。母親の弟は、自宅にいたところ、頭に黒い袋をかぶせられ連行された。 新疆カシュガル生まれの米国博士タヒル・イミン(38)さんは大紀元に対して、中国共産党は海外に渡航するものを「社会の脅威」と捉えていると語った。「海外渡航者に中国共産党の過ちを知られてしまうと考えているからだ」 イミンさんによると、拘留された人々のための刑事裁判は開かれることなく、どのような「容疑」なのかも当局から説明はない。罪も刑期も分からない。また、異議を申し立てることも、代理人である弁護人を立てることも許可されないという。 アムネスティ・インターナショナルの東アジア担当ニコラス・ベケリン代表は、中国当局が大量に人々を拘留するのは「洗脳・拷問・罰」のためだと分析する。「海外にいる家族に、次はお前の番だ、と脅すこともできる。中国当局の意向ですべてが決まることを強調している」。中国共産党は海外旅行者を「社会への脅威」と見なしていると語った。 実名で広く新疆ウイグル自治区における収容所の内部について海外メディアに告発した、入所経験のあるカザフスタン籍のオミール・ベクリさん(42)によると、ウイグル人は看守の命令に背けば、5つの刑罰と拷問を受ける。 英インディペンデント誌2018年5月の報道によると、べクリさんは2017年3月に新疆の両親を訪問したところ拘束された。カザフの外交官が同年夏、べクリさんと面会した。10月、ベクリさんは解放された。 べクリさんによると、収容所での睡眠時間は一日わずか3時間。ベクリさんら収容者は、食事の前に、壁に向かって共産党を称える歌を3曲歌うことを強いられる。曲目は「共産党がなければ新しい中国はな??い」「社会主義は素晴らしい」「祖国に捧げる」など。それぞれの歌詞には共産党を礼賛し、共産党が国民を救い導いているという内容が含まれている。 べクリさんによると、歌わなければ罰を受ける。「共産党を称える歌を歌わなければ酷く殴られる。壁に向かって立たせられ、24時間睡眠と食事はない」。もし再び歌うことを拒否すれば、固い板に手足を縛り座らされ、食べ物も与えられず、寝させない。 次は「動物のように鎖で繋がられる」という罰だ。畳2畳、3平方メートル程度の真っ暗な極小の部屋に閉じ込められる。 これが終わると、灼熱の太陽の真下で、下着以外は裸になって、熱せられたセメント板の上に立つ。新疆ウイグル自治区は夏季、地方により40度以上の高温になる。「太陽の熱で足は焼けるようになる」が、これは冬季も同様のことをさせられる。例えばウルムチの12~2月の平均気温はマイナス10度になる。 そして「(看守の)目に入るあらゆるもので激しく叩かれる」「最後に両手を縛られ吊るされる」 ほかにも、不潔で悪臭漂う腐った水のなかに1日~5日間、首から下を浸けられる水責めにもあった。「5日以上浸かっていると、多くの人は死んでいく」とべクリさんは述べた。苦痛が長引くように、小さなパン切れを口に入れられていたという。 べクリさんによると、ウイグル族の男性たちは毎日、性欲を除去する薬の服用を指示されていた。「自分が何をしているのか分からなくなるような、人を狂わせる薬だった」。べクリさんは毎日出される薬を舌の裏に隠し、水を飲むふりをして吐き出していた。「だから私は生き残れた」